GLAM Editorial

2017.04.21(Fri)

ポピー・デルヴィーニュ、野外音楽フェスは着心地優先もいつもと違うファッションを選びたい!

英人気モデルのポピー・デルヴィーニュ(Poppy Delevingne、30)は、大の野外音楽フェス好きとして知られ、先週末アメリカで開催されて「コーチェラ・フェス」や、英国で6月に開催される「グラストンベリー・フェス」などでしばしば姿を見受けることが出来る。そんなポピーがharpersbazaar.co.ukに対して自身の野外フェスファッションのスタイル選択について語っている。

「自分の恰好が“側転”ぐらい出来るものか、まずチェックしたいわね。ありきたりな恰好はつまらないから意表をついたものを選びたいけれど、着心地の快適さが何よりも重要。朝まで踊ったり飛び跳ねたりしたいもの」

ビンテージもの、ハイファッション、ファストファッションを、ほどよく組み合わせるのも、ポピーの野外フェスルックの基本。たとえば、「リーバイス」(Levi’s)のジーンズやカットオフショーツに「クロエ」(Chloe)のアクセサリー、衣服は「トップショップ」(Topshop)で買ったものなどの組み合わせだ。そして、決めのピースとして肩の周りには革ジャンを必ず羽織って好きなバンドを聞きたいとポピーは言う。

「野外音楽フェスで着たいのは、わたしはドレスよりも古びた革ジャン。フェスだもの、それでいいじゃない?金がじゃらじゃら付いた「アニン ビン」(Anine Bing)の素敵なレザージャケットをわたしは持っているのだけれど、もう自分の肌の延長のようなものよ」

最後に、野外フェスファッションにおいて、英米それぞれのセレブ達のどちらがセンスがいいかを問われたポピーは、迷わず母国イギリスに軍配を上げた。

「イギリス人は、野外フェスのファッションが決まっているの。ケイト・モス(Kate Moss)にアレクサ・チャン( Alexa Chung)・・・これは断然イギリスの勝ちだわね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.08.02(Mon)

リップのアートメイクで何が変わるの?解決できるお悩みと注意点についても解説
GLAM Editorial

2021.08.02(Mon)

【最新版】安全なリップアートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない方向け
GLAM Editorial

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial

2021.03.11(Thu)

ビューティークリエイター・吉川康雄氏の待望の新ブランド、「UNMIX(アンミックス)」がこの春デビュー!
GLAM Editorial

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO