GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.01.25(Wed)

エイミー・アダムス主演で企画が進められていたジャニス・ジョプリン伝記映画がお蔵入り

 女優のエイミー・アダムス(Amy Adams)が主演を務める予定で動いていた、ロック歌手のジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)の伝記映画の企画が中断した。

 最新作『メッセージ』が高い評価を受けているエイミーは2010年からジャニス役での出演が予定されていたが、企画は繰り返し延期され、たび重なる法的トラブルにも見舞われた。同作の監督も『プレシャス』のリー・ダニエルズ(Lee Daniels)から『ナイロビの蜂』のフェルナンド・メイレレス(Fernando Meirelles)、さらに一番最近では『ダラス・バイヤーズ・クラブ』のジャン=マルク・ヴァレ(Jean-Marc Vallee)へ次々とバトンが渡っていた。

 ここへ来て、ヴァレ監督は『Janis Joplin: Get It While You Can(原題)』というタイトルの企画が中断されたと映画情報サイト「Collider」との最新インタビューでさりげなく明かした。インタビューでは『ゴーン・ガール』の原作小説を手がけたギリアン・フリン(Gillian Flynn)の小説を原作とし、エイミーも主演する新TVシリーズ「Sharp Objects」について語っていた。

 「もうすぐ撮影を始める予定だ」とヴァレ監督は話している。「エイミー・アダムスとはジャニスの企画で仕事をしていたが、結局はやらないことになったので、彼女がTVシリーズに誘ってくれた」

 またヴァレ監督は、8話構成の同シリーズは3月から撮影が始まり、HBOで放映されることも明かした。

 一方、ジャニス・ジョプリンの伝記映画の企画は他にもある。ズーイー・デシャネル(Zooey Deschanel)は数年前からジャニス役の候補として浮上しており、『ブロークバック・マウンテン』などで知られるミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)はジャニスを演じる作品の撮影を年内に控えている。

 『マーサ、あるいはマーシー・メイ』のショーン・ダーキン(Sean Durkin)監督がメガホンをとる同作は、ジャニスの妹ローラ(Laura)が執筆し、ジャニスがキャリアを通じて家族や友人に送った手紙を記録した「Love, Janis」を原作としている。

 ジャニスは1970年に27歳でヘロイン中毒で亡くなった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

NEW 2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono

2020.07.26(Sun)

【2020年の制汗スプレー】夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
nanat
nanat