GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.04.20(Thu)

アンバー・ハードとイーロン・マスクが結婚を検討中!? アンバーの父が漏らす

 女優のアンバー・ハード(Amber Heard)と実業家のイーロン・マスク(Elon Musk)が結婚を考えていると彼女の父親が明かした。

 『リリーのすべて』などで知られるアンバーは、前夫で俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp)との泥沼の法廷バトルがようやく結着し、今年1月に離婚が成立したばかりだが、だからといって二度と結婚しない気持ちを固めたわけではないようだ。彼女の父デヴィッド(David)によると、昨年7月に初めて熱愛のうわさが流れたアンバーとテスラモーターズのCEOを務める大富豪のイーロンは、すでに結婚を話し合っているという。

 「アンバーとイーロンはお互いに相手を真剣に考えている。娘は結婚したがっている。2人が望んでいることの1つは、結婚して家族を作ることだ。その計画を作っているところなんだ」とデヴィッドは英Grazia誌に語っている。

 ところがアンバーに近い事情通は、デヴィッドの主張に真っ向から反論している。

 「2人は結婚するつもりが全くないわ。何よりアンバーは、あと半年は『Aquaman(原題)』の撮影でオーストラリアに滞在するのよ」とこの事情通はつけ加えた。

 アンバーとイーロンの熱愛が報じられると、彼は数年前から彼女に言い寄っていたとも伝えられた。イーロンは2013年の映画『マチェーテ・キルズ』で彼女と共演して以来、アンバーに狙いを定めていたという。2人はロバート・ロドリゲス(Robert Rodriguez)監督による同作の撮影セットで会うことはなかったものの、米The New York Post紙のゴシップサイト「Page Six」はイーロンがアンバーと会いたい一心から、監督や彼女の知人らに送ったとされるメールを入手している。

 「もしアンバーが出席するパーティーやイベントがあれば、単なる好奇心だが、ぜひ彼女に会ってみたい」とイーロンはうち1通に書いている。「どうやら彼女は(小説家の)ジョージ・オーウェル(George Orwell)とアイン・ランド(Ayn Rand)のファンらしいが、とても変わっているね」

 さらにイーロンは別のメールで、「デートしたいわけじゃない。彼女には長い付き合いの相手がいるのは知っている。ただアンバーは会うと面白そうな印象がある」とも打ち明けていた。

 アンバーは当時、ジョニーと結婚していた。

 アンバーは離婚して独身に戻ったが、イーロンにも女優のタルラ・ライリー(Talulah Riley)と2度の離婚歴がある。2人は2010年に結婚したが、2年後に離婚。2013年に再び結婚したが、イーロンは2014年12月31日に離婚を申請した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.10.16(Wed)

【駆け出しプレスの立ち話】Vol.19 クチュリエが魅せるハイストリートスタイル! Giambattista Valli...
Bunta & Seira
Bunta & Seira

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial
GLAM Editorial