GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.04.13(Thu)

トム・ヒドルストン、役のために脱ぐのは問題なし!

英俳優のトム・ヒドルストン(Tom Hiddleston、36)は、役柄として必要であれば裸になっても問題ないという。

トムはこれまでにも作品の中で裸体を披露してきて、映画『ハイ・ライズ』、『クリムゾン・ピーク』、TVシリーズ「ナイト・マネージャー」では全裸になった。

「ナイト・マネージャー」では世界的なトレンドになった「ヒドルスバム」という現象を巻き起こしたトムは、人気カントリー歌手テイラー・スウィフト(Taylor Swift)との残念な結果に終わった交際でも世間の話題となった。

だが、トムのファンは安心していい。彼の名が有名になろうとも、作品の筋書きが彼に脱ぐことを求めているのならば、トムは裸になることをためらったりはしない。

トムは『ハイ・ライズ』について、裸になることがキャラクターの形成に必要不可欠だったとマレーシアのWebサイト、Star2.comに語った。「裸になることがこの作品のテーマの1つだったんだ。自分をさらけ出すことができると信じていた男が、やがてそれが難しいことを理解していく。それが物語のテーマなのであれば、僕は脱ぐことに抵抗を感じないよ」

私生活の変化によって急激に注目されるようになったトムだが、公衆の視線にさらされながら人生をどう舵取りしていくかについては学んでいる最中だ。

「エンターテイメント業界で有名になるというのは、鏡だらけの部屋で暮らしているようなものさ」と語ったトム。「ゆがんだ虚像が自分の現実感覚に影響をおよぼさないようにしっかり気を配ることが大切なんだ。僕は自分の実生活を理解しているよ」

俳優という職業について言えば、トムは自分を駆り立ててくれて、演技の幅を広げてくれる役を演じてみたいという。

演じることで気持ちがよくなるので、それがTVドラマなのか、映画なのか、舞台なのかをトムは気にしていない。

「1つのタイプに自分を限定したくないんだ」とトムは説明した。「僕はロンドンで舞台俳優としてキャリアを始めて、低予算の独立系映画も大作のスーパーヒーロー映画やTVシリーズも経験してきた。いろんな種類の物語に出会えると興奮するね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.27(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP5発表!
高山 都
高山 都

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial