GLAM Editorial

2017.04.11(Tue)

シャイア・ラブーフ、ボウリング場で乱闘騒ぎを起こしてつまみ出される!

 俳優のシャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf)が5日夜、ロサンゼルス市内のボウリング場でバーテンダーと口論となり、場外に追い出された。

 スタジオシティにある「パインズ」の従業員は、名前が公表されていないバーテンダーに「ク*ッたれの人種差別主義者」などと暴言を吐いたシャイアに出ていくように求めたと米芸能情報サイト「TMZ」が伝えた。

 口論の原因は不明だが、シャイアは外に連れ出される間も暴言を吐き続けていたという。別の客が撮影した口論の模様の動画はネットでも公開されている。

 ヴェンチュラ大通りにあるパインズは、シャイアが2011年に男性とトラブルになったバーの近くに位置する。シャイアは当時、カリフォルニア州シャーマンオークスの「マッドブルズ・タバーン」で乱闘騒ぎを起こし、手錠をかけられ、釈放されるまで20分間にわたって拘束された。

 逮捕はされなかったが、シャイアはその後、次のように弁解していた。「タバコを吸うために外に出たんだ。数人の友だちも一緒で、何人かの男が挑発してきた。悪口を言われたけど、彼らは知らない人たちだった。とにかく気まずい状況だった。人は酒を飲めば酔っぱらうし、バカなことをするものだよ」

 『トランスフォーマー』シリーズで知られるシャイアは、これまでに酒乱による騒ぎで2度も逮捕された。2014年にはブロードウェイの劇場でミュージカル「キャバレー」を観劇中に迷惑行為を繰り返した。その処罰の一環としてアルコール中毒治療プログラムを受けることを命じられ、2015年に終えた。

 シャイアは米Variety誌とのインタビューで酒乱癖による損害を次のように説明した。

 「酒を飲み始めると、自分がちっぽけになった気がして、必要以上に大きくみせようとするんだ。避けたほうがいい。アルコールのようなものは人生をめちゃくちゃにする。もう僕は二度と手をつけちゃいけない。おとなしくしていなくちゃいけないんだ」

 一方、シャイアは仕事でも散々な目に遭った。最新作『マン・ダウン 戦士の約束』はイギリスでチケットが3枚しか売れず、公開5日で打ち切りとなった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.08.02(Mon)

リップのアートメイクで何が変わるの?解決できるお悩みと注意点についても解説
GLAM Editorial

2021.08.02(Mon)

【最新版】安全なリップアートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない方向け
GLAM Editorial

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial