GLAM Editorial

2017.04.08(Sat)

MTVムービー&TVアワードで『Get Out』が最多ノミネート!

 大ヒットホラー映画『Get Out(原題)』が、来月行われる米MTV主催の「MTVムービー&TVアワード」で最多6部門にノミネートされた。

 コメディアンのジョーダン・ピール(Jordan Peele)が監督した同作は最優秀作品賞、最優秀悪役賞、最優秀ファイト・アゲインスト・ザ・システム賞、最優秀映画男優賞、最優秀ネクストジェネレーション賞、最優秀デュオ賞の候補に挙がった。

 『Get Out』は『美女と野獣』、『LOGAN/ローガン』、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、『スウィート17モンスター』と最優秀作品賞を争い、主演のダニエル・カルーヤ(Daniel Kaluuya)は『美女と野獣』のエマ・ワトソン(Emma Watson)、『スウィート17モンスター』のヘイリー・スタインフェルド(Hailee Steinfeld)、『LOGAN』のヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)、『スプリット』のジェームズ・マカヴォイ(James McAvoy)、『Hidden Figures(原題)』のタラジ・P・ヘンソン(Taraji P. Henson)らとともに最優秀映画俳優賞にノミネートされている。

 最優秀悪役賞を争うのは『Get Out』のアリソン・ウィリアムズ(Allison Williams)、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のデモゴーゴン、『スーサイド・スクワット』のジャレッド・レト(Jared Leto)らで、『ローグ・ワン』のフェリシティ・ジョーンズ(Felicity Jones)、「THE FLASH/フラッシュ」のグラント・ガスティン(Grant Gustin)、「ストレンジャー・シングス」のミリー・ボビー・ブラウン(Millie Bobby Brown)、「ARROW/アロー」のスティーヴン・アメル(Stephen Amell)、『Hidden Figures』のタラジらが最優秀ヒーロー賞にノミネートされた。

 一方、「Atlanta」、「ゲーム・オブ・スローンズ」、「Insecure」、「プリティ・リトル・ライアーズ」、「ストレンジャー・シングス」、「This Is Us」などが最優秀ドラマ作品賞の候補に挙がり、「Atlanta」のドナルド・グローヴァー(Donald Glover)、「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラーク(Emilia Clarke)、「ジェーン・ザ・ヴァージン」のジーナ・ロドリゲス(Gina Rodriguez)、「ウォーキング・デッド」のジェフリー・ディーン・モーガン(Jeffrey Dean Morgan)、「This Is Us」のマンディ・ムーア(Mandy Moore)、「ストレンジャー・シングス」のミリーが最優秀ドラマ俳優賞を争う。

 アダム・ディヴァイン(Adam Devine)が司会を務める2017年度MTVムービー&TVアワード授賞式は5月7日、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで開催される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.08.02(Mon)

リップのアートメイクで何が変わるの?解決できるお悩みと注意点についても解説
GLAM Editorial

2021.08.02(Mon)

【最新版】安全なリップアートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない方向け
GLAM Editorial

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.05.25(Tue)

おしゃれなテントでキャンプを楽しもう!おすすめテント5選
GLAM Editorial

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial