GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2017.01.24(Tue)

ナタリー・ポートマン、抗議デモでドナルド・トランプ新大統領を批判!

 女優のナタリー・ポートマン(Natalie Portman)が、ロサンゼルスで行われた女性による抗議デモで力強いスピーチを披露し、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米新大統領を批判した。

 出産間近のナタリーは21日、平和的な抗議集会に出席し、壇上から男女約75万人の参加者に生まれ来る赤ちゃんについて語った。

 「私たちは自然に啓示を受け、体の中にあらゆる可能性の種を宿すという生命の神秘を忘れてはなりません」とナタリーは語りかけた。「体への恐れからの、そして体への支配からの自由を求めるべきです」

 「効果的にそうするためには、自分たちで指導者的な立場を獲得し、行動を共にする他の女性を支援しなければなりません。少なくとも指導者の半分が女性であることが当たり前にならない限り、私たちの未来を決める権利は自分たちのものだと信じる政府によって、私たちの税金が使われるのです」

 また、長男アレフ(Aleph, 5)君をもうけているナタリーは、革命を引き起こしたトランプ新大統領に感謝した。

 「みなさん、ここに集まり、世界に私たちの力を示してくれてありがとう。そして女性にも大勢の擁護者と同士がいることを示してくれた男性のみなさんにも感謝します」とナタリーは語った。「今、2つの心臓が脈打っている私の奇跡的な女性の体の底から、新大統領に感謝します。革命を引き起こしたのはあなたです」

 女優のケリー・ワシントン(Kerry Washington)も集会でスピーチを披露し、ナタリーの力強いメッセージを称賛した。

 「とても刺激的だった」と米TVシリーズ「スキャンダル 託された秘密」などで知られるケリーはナタリーと一緒に撮った写真をTwitterで公開し、そうキャプションを添えた。

 ケリーはロサンゼルスのダウンタウンで開かれた集会で、参加者にこう語りかけた。

 「今日、ここに来てくれた一人ひとりに心から感謝します。今後は自分が孤独ではないこと、私たちは孤独ではないこと、私たちは一体となれることを自分に言い聞かせるために、目を閉じてこの光景を思い出すでしょう」と2児の母でもあるケリーは声を上げ、集会の参加者に手を取るよう促した。

 「もう一度手を高く上げて、他人の手を握る感触を感じ、隣にいる人と結束することがどんな感じなのかを感じてほしい。人とつながり、一体となり、強くなったことを感じて、『私は大事! 私たちは大事! 私たちは人間!』と言ってほしい」とケリーは参加者の拍手に答えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.16(Sat)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
nanat
nanat

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team