GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.02.20(Mon)

キャリー・フクナガ、広島の原爆投下を描く映画の監督候補に浮上

 日系人映画監督のキャリー・フクナガ(Cary Fukunaga)が、第二次世界大戦中に広島に投下された原爆をテーマとする新作映画を演出する交渉に入った。

 米HBOのドラマシリーズ「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」シーズン1で知られるフクナガは、ワーキング・タイトルとユニバーサル・ピクチャーズによる、スティーヴン・ウォーカー(Stephen Walker)のノンフィクション「カウントダウン・ヒロシマ」の映画版を監督する交渉に入っていると米エンターテイメント情報サイト「Deadline」が伝えた。

 2005年に出版された同書は、1945年8月に投下され、広島を壊滅させた世界初の原爆「リトル・ボーイ」が投下されるまでの3週間を描く。それまで想像できなかった威力の熱線と衝撃波が30万の人口で活気づく都市に放たれ、人口の3分の1が死亡し、建物を焼き尽くした。

 映画版でも、原子力と核兵器を軍事的に使用する時代の到来を告げた「マンハッタン計画」に携わった人たちの詳細に加え、数十年にも渡るパラノイア、不信、そして世界中に広まった恐怖を招いた結果も描かれる。

  『スノーホワイト』やライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)主演の『ドライヴ』を手がけたホセイン・アミニ(Hossein Amini)が脚本を手がける。

 フクナガの次回作は米ネット配信大手Netflixのオリジナルシリーズ「Maniac」で、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で共演したエマ・ストーン(Emma Stone)とジョナ・ヒル(Jonah Hill)が再びタッグを組み、8月から撮影がスタートする。また、HBOが製作を手がけるスタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)の未完の作品『Napoleon(原題)』のTVシリーズ版に加え、仏作家アレクサンドル・デュマ(Alexander Dumas)の伝記映画『The Black Count(原題)』も控えている。

 フクナガとアミニは以前、米作家ケイレブ・カー(Caleb Carr)の小説「エイリアニスト―精神科医」を原作とする米TNTのドラマシリーズでも一緒に仕事をする予定だったが、フクナガは最終的に降板した。

 「カウントダウン・ヒロシマ」映画版の公開時期やキャストなどはまだ発表されていない。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.13(Thu)

眉毛のアートメイク失敗例12選 | 失敗した場合の対処法も合わせて解説
GLAM Editorial
GLAM Editorial

NEW 2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

NEW 2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.12.10(Thu)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono