GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2017.02.16(Thu)

ジョン・メイヤー、バレンタインデーにInstagramでファン同士をつなぐ恋のキューピッド役に!

 ロック歌手のジョン・メイヤー(John Mayer)がバレンタインデーにセレナーデを歌う動画をInstagramで公開し、ファンの間にちょっとした愛を広める手助けをした。

 180万人のフォロワーを誇るジョンは14日、SNSに「スペシャルメッセージ」を投稿。キューピッド役となってファンが想いを寄せる相手と「つながる」サポートを買って出た。

 この動画でジョンは「君の好きな人がInstagramにいるなら、その人をこの下にあるキャプションにタグ付けしてほしい。そして君が君のことを好きな人からこの下のキャプションにタグ付けされていたら、この曲は君のために歌う」と説明した。

 そしてジョンはギターを弾きながら歌いだしている。

 「誰かが君のあとをこっそりつけている/誰かが君と話したがっている」とジョンは熱唱した。「誰かが君と一緒に歩きたいと思っている/誰かが君にもついてきてほしいと思っている/だから君に好きな人がいるなら、知っているのは良いことと思わないか?/だから君に好きな人がいるなら、知っているのは良いことと思わないか?」

 次にジョンは視聴者に向かって、「そこから先は君たちに任せるよ。僕の仕事は人々をつなげることだ。というわけで、楽しい時間をすごしてほしい」と締めくくった。

 フォロワーはジョンの言葉に従い、1万5,000人超のユーザーが6時間以内にこの曲を想いを寄せている相手とシェアし、22万回以上再生された。

 一方、かつて女たらしのレッテルを貼られていたジョン自身は、1年で最もロマンチックな日を一緒にすごす相手がいたかどうかを明らかにしていない。

 ジョンは歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry)と交際した3年の間に別れたり、よりを戻したりを繰り返したが、2015年に完全に破局し、その後は恋人がいない。過去にはジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)やジェシカ・シンプソン(Jessica Simpson)、ジェニファー・ラブ・ヒューイット(Jennifer Love Hewitt)、ミンカ・ケリー(Minka Kelly)、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)といった美女と浮名を流した。しかし昨年の夏には新しい恋を始め、身を固める心の準備ができたと打ち明けている。

 「前に進む準備はできたよ。これまでよりも大人になったんだ」とジョンは米トーク番組「Watch What Happens Live!」で語った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team