GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.02.16(Thu)

セレーナ・ゴメスと交際中のザ・ウィークエンド、新曲でジャスティン・ビーバーに反撃!

 ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber, 22)の元恋人セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)との熱愛が報じられたR&B歌手のザ・ウィークエンド(The Weeknd/本名:エイベル・テスファイ、Abel Tesfaye)の新曲は、セレーナとの交際を冷やかしていたジャスティンの男らしさを標的にしている。

 ザ・ウィークエンドは先月、カリフォルニア州ビバリーヒルズでセレーナとディナーデートに繰り出し、キスを交わす姿をキャッチされ、熱愛が報じられた。ザ・ウィークエンドとセレーナは新しい恋についてコメントしていないが、先月末には伊フィレンツェを旅行したほか、先週末にはカリフォルニア州の沿岸でヨットクルーズを楽しんでいた。

 しかし4年間にわたってセレーナと破局と復縁を繰り返し、2014年に完全に破局したジャスティンは2人の熱愛を快く思っておらず、ここ数週間で繰り返しザ・ウィークエンドをディスっている。

 ここへ来て、ザ・ウィークエンドはゲストバースを担当した同じくカナダ出身のラッパー、Navの新曲「サム・ウェイ」で、ジャスティンのベッドテクニックをあざ笑うようなラップを披露し、反撃に転じたようだ。

 この曲でザ・ウィークエンドは、「どうやらお前の女は俺に恋したようだ/俺のファ*クと舌使いは良い薬だと言っている」と歌っている。

 ジャスティンはザ・ウィークエンドのディスに反応していないが、その3日前の12日にはグラミー賞授賞式でダフト・パンク(Daft Punk)とパフォーマンスを披露したザ・ウィークエンドをからかっていた。

 Instagramのライブ配信イベントに登場したジャスティンは、ファンの1人から好きな歌は何かと質問されると、「うーん…ザ・ウィークエンドの『スターボーイ』かな」と答えた。

 その直後にジャスティンは大爆笑し、カメラの外で聞いていた友人の1人が「なんてこった、今のは最高だ」という声が聞こえる。

 ジャスティンは「ああ、ヤバいくらい笑えたよ」と言い残し、ライブ配信を終えた。

 一方、ジャスティンは同じく14日、バレンタインデーを独りですごす悲しみをSNSで嘆いていた。InstagramのStoryで公開した動画で、「僕がほしかったのはバレンタインだけ。でも、もう僕にはバレンタインがない」と語り、明らかにいじけた様子を見せていた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

NEW 2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.12(Tue)

ミニ財布【人気レディースブランド5選】使いやすくておしゃれ!
Saki
Saki

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial