GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.02.15(Wed)

タンディ・ニュートン、大分前にトム・クルーズから貰ったウィッグを着けて英国アカデミー賞授賞式に出席!

米人気SFドラマ『ウエストワールド』に出演中の英女優タンディ・ニュートン(Thandie Newton、44)は、2月12日にロンドンで行われたBAFTA賞(英国アカデミー賞)に、胸元が大きく空いた「オスマン」(Osman)のスリーヴレスドレスを纏って出席したが、そのドレスにも増して目を惹いたのが、いつものタンディのイメージとはだいぶ異なるゴシック風のメイクと肩まで流した長い黒髪。その髪だが、実はかつらで、2000年映画『ミッション:インポッシブル2』に出演した際に主演のトム・クルーズ(Tom Cruise)に貰ったものなのだとか。

「BAFTA賞でのわたしの髪のことばかり話題になっているのだけれど、あれは実はウィッグなのよ」と、タンディは英Evening Standard紙に対して打ち明けた。

「20年前に『ミッション:インポッシブル2』に出演した時に、わたしの役柄のためにウィッグを3枚作ってもらったの。そのうちの2枚を交代で撮影中使ったのだけれど、予備の1枚で結局使うことがなかったものを、ヘアスタイリストさんがわたしにあげなさいよと撮影が終わった時にトム・クルーズに言ってくれたのよね。1枚1000ポンド(約14万円)ほどするものながらこれまで使う機会がなかったのを、昨夜引っ張り出してきて着けてみたというわけ」

BAFTA賞授賞式の翌2月13日には、英国Elle誌主催の「エル・スタイルアワード」(Elle Style Award)にプレゼンターとして登場したタンディ。「英国デザイナー賞」に輝いた、自身の友人でもある「アーデム」のアーデム・モラリオグル(Erdem Moralioglu)に賞を授ける役を担った。

カナダ出身で両親がそれぞれトルコ人と英国人であるアーデムを紹介する際に、タンディは自分も母がジンバブエ人であることに触れ、「アーデムはモントリオール出身、わたしはジンバブエ出身、彼もわたしと同じく移民よ。移民であることに、わたしは誇りを持っているわ」と述べた。

「ありがとう、タンディ。いまの気持ちを表す言葉が見つからないけれど、あなたにも、Elle誌にも、自分が駆け出しの頃からずっと応援してもらってきて、感謝の気持ちで一杯です」と、受賞したアーデムは謝意を述べていた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.08.29(Sat)

女性の憧れミランダカーがプロデュースする化粧品5選!おすすめはどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.21(Sun)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
nanat
nanat

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial