GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.02.13(Mon)

『ジョン・ウィック』のエイドリアンヌ・パリッキ、フィアンセとの婚約を解消

 『ジョン・ウィック』などで知られる女優のエイドリアンヌ・パリッキ(Adrianne Palicki, 33)が、スタントマンのジャクソン・スピデル(Jackson Spidell)との婚約を解消した。

 エイドリアンヌは10日、米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」とのインタビューで残念なニュースが事実だと認めた。

 「人生いろいろあるわ」とエイドリアンヌは語った。「2015年に結婚を取りやめにしたの。私たちの間には大きな問題がいくつかあったけれど、私は無視していたわ」

 「結婚式の数ヶ月前になって、どうしても合わない人はいるし、別れてもいいという場合があることに気づいたの」

 エイドリアンヌは2014年にジャクソンと婚約。今は恋人がいないが、急いで探そうとも考えていないようだ。

 「それからは独りになって、自分に向き合うようにしているの。もし理想の男性が人生に現れてくれるならステキだけれど、真剣に探しているわけじゃないわ」

 幸い、エイドリアンヌのキャリアは順調で、仕事で忙しい日々が続きそうだ。年内にはマイケル・ジェイ・ホワイト(Michael Jai White)と共演する『S.W.A.T. - Under Siege(原題)』が公開され、コメディアンのセス・マクファーレン(Seth MacFarlane)の近未来シリーズ「Orville」にも出演する。

 しかしエイドリアンヌは将来心から愛せる人に出会えたらと願っており、元恋人で今は親友の俳優ジェシー・プレモンス(Jesse Plemons)が昨年末に女優のキルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)にプロポーズしたことで、自分も希望を持てるようになったと力説した。

 「2人ともすごく幸せよ」とエイドリアンヌは話している。「彼が(プロポーズした)直後に写真を送ってきたの。自分のことのようにうれしいし、彼女も大好き。何より2人は本当に幸せなの。友だちの彼がこんなに幸せなのは見たことがないだけに、すごくいいことだわ」

 また彼女は、キスに関してはキルスティンがジェシーに不満がないことを知っている。撮影でしたキスで最高の相手は誰だったかと質問されたエイドリアンヌは、ちゅうちょなく「ジェシー・プレモンス」と答えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.10.16(Wed)

【駆け出しプレスの立ち話】Vol.19 クチュリエが魅せるハイストリートスタイル! Giambattista Valli...
Bunta & Seira
Bunta & Seira

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial