GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.02.13(Mon)

シアラ、眉毛を抜くのが好きという妙な趣味を持っている!?

モデルとしても知られる米人気歌手のシアラ(Ciara、31)は、レッドカーペット等で「グッチ」(Gucci)、「ロベルト カヴァリ」(Roberto Cavalli)、「ステファン・ローラン」(Stephane Rolland)などのドレスを上手に着こなす、オシャレの達人としての評価が高い。クラッシックで美しいルックを志向するシアラとあって、そういう時にはメイクはプロのアーチストに任せるのにまったくやぶさかでないながら、眉毛に関してだけは、実は本当は自分がするのに取っておきたい、ある“楽しみ”があるのだとか。

「眉毛を抜くことに対する、ちょっと変なこだわりがわたしにはあるの。あの痛みが、好きなのよね。それに、小さな毛がいっぱい取れて、何だか嬉しいのよ」と、Allure誌に対してシアラは語っている。

「何にせよ、眉毛をいい感じに出来れば、あとは勝ったも同然よね!」

眉毛でちょっと毛がまばらになっている部分には、「レブロン」(Revlon)の“ColorStay”の眉毛ペンシルを愛用しているとつけ加えるのも忘れなかったところは、さすが「レブロン」のブランドアンバサダーも務めるシアラであった。

仕事がオフな時には、メイクルーチンをかなり最小限にしているというシアラ。夫で米プロアメフトのスターQBであるラッセル・ウィルソン(Russell Wilson)との間の赤ちゃんを現在妊娠中のシアラは、一日に2回、「セタフィル」(Cetaphil)や「キールズ」(Kiehl’s)などのスキンケアブランドの商品で洗顔の上に、保湿を施すだけにもっぱらいまはしているそうだ。唇には「Aquaphor」のリップクリームも使うことをシアラは明かした。

「メイクでは、レブロンの“Super Length”マスカラを愛用している。わたしのまつ毛を、特に下の部分を素晴らしく長いように見せてくれるの!」

2歳になる息子フューチャー(Future)君の髪を結うのも、シアラにとってはひとつの楽しみになっているようだ。

「髪を編むのが、わたしにとって最初の“非公式な仕事”のひとつだったということもあるの。編み込み髪のコーンロウなどもちょっと自信があって、息子にもしてあげている。自分の髪をプレスするのも、わたしはとても上手なのよ!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

NEW 2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.08(Sat)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.16(Sat)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
nanat
nanat

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.07(Mon)

「2021最新版」 田中みな実さんの愛用コスメ16選!一挙公開
GLAM Editorial
GLAM Editorial