GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.02.11(Sat)

シェリリン・フェン、「ツイン・ピークス」で恋愛の演技を共演者に台無しにされた過去を暴露!

 90年代に大ヒットした米ドラマシリーズ「ツイン・ピークス」で共演したカイル・マクラクラン(Kyle McLachlan)とシェリリン・フェン(Sherilyn Fenn)が演技でみせた相性の良さで、デヴィッド・リンチ(David Lynch)監督はシェリリンが本当にカイルに恋していると思い込んでいたという。

 また、同ドラマに出演し、カイルと当時プライベートで交際していたララ・フリン・ボイル(Lara Flynn Boyle)は、2人が撮影で一緒になるのが不満だった。

 シェリリンは最近、こうした数十年前の舞台裏を、ポッドキャスト配信番組「TwinPeaksUnwrapped」で暴露した。最終的にリンチ監督はシェリリンはカイルと付き合っているのかと質問してきたとも明かした。年内に放送される「ツイン・ピークス」のリバイバル版で小悪魔的なオードリー・ホーン役を再演するシェリリンが当時を振り返った。

 「私たち(のャラクターは)一緒になるはずじゃなかったけれど、一緒になったことで画面にとても効果的な何かが生まれたので、当初の予定通り彼のキャラクターをジョアン・チェン(Joan Chen)のキャラクター(ジョスリン・パッカード)に向かわせるのではなく、私に向かわせるようになったの」

 「それで彼の恋人だったララ・フリン・ボイルがその展開を終わらせたの。監督ににこう言ったのを覚えているわ。『デビッド、こんなことってあるの? 自分がガールフレンドだからって女優が文句を言うと、監督が筋を変えるなんて?』って」

 「自分が(カイルが演じた)デイル・クーパーから遠ざけられたことにとても腹が立ったわ。今ならカイルも真実を認める。でも当時はしなかったと思う。当時の彼なら『いや、彼女のキャラクターは僕には若すぎる』と言っていた。ところが彼のガールフレンドは19歳で、私は24か25歳だったわ」

 しかしシェリリンは、カメラが回っていないところではカイルとは何もなかったと力説している。「画面上の相性の良さはプライベートとは全然違うこともあるの」とシェリリンはつけ加えた。「カイルと私は友だちで、相性というものはなかったけれど、FBI捜査官のデイル・クーパーとオードリー・ホーンは良い方向へ向かったの。説明できない何かが起こったとしか言いようがないわ」

 「あるとき、デビッドが『君はカイルのことが好きなの?』と聞いてきたの。私は『えっ、まさか! ありえないわ! これっぽっちもないわよ! 絶対にないけれど、オードリーなら彼のことを最高にすばらしい人だと思っているわ』と言ったわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

NEW 2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.06.13(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.90 映画のような世界が広がる♪ 〜HOTEL EMANONで過ごす特別な時...
CHOCO
CHOCO

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial