GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.23(Fri)

マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオが実在の殺人鬼を演じる新作に本腰!

 マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)監督は2017年の年明けから、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)が実在の連続殺人鬼を演じる新作の脚本をもう一度見直すことに集中する。

 レオは2010年、エリック・ラーソン(Erik Larson)が2003年に発表したノンフィクション小説「悪魔と博覧会」の映画化権を自身の制作会社アピアン・ウェイを通じて取得した。スコセッシ監督は繰り返しタッグを組んできたレオと再びパートナーとなり、同作の演出を引き受けた。ここへ来て、年明けからしばらくは同作の脚本を完ぺきにするために集中すると明かした。

 「この半年の間、企画を止めなければならなかった理由の1つは、脚本でミーティングを重ねていたからだ」と監督はカナダのThe Toronto Sun紙に語っている。「1月から再開して、(脚色する)方法を見いだせるかどうか確かめてほしいと言うんだ。それほど途方もないストーリーだからね」

 同作でレオが演じるのは連続殺人鬼のH・H・ホームズ(Dr. H. H. Holmes)医師で、1800年代末期のイリノイ州シカゴで27人を殺害したといわれている。しかしその後の推定では、200人に迫る犠牲者がいたとみられている。

 同作は『レヴェナント:蘇えりし者』で悲願のアカデミー賞(R)主演男優賞を受賞したレオにとって、スコセッシ監督とタッグを組む6本目の映画となる。2人は2002年の『ギャング・オブ・ニューヨーク』で初めて一緒に仕事をし、『アビエイター』、『ディパーテッド』、『シャッターアイランド』、そして2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でコラボを重ねた。また、マカオのスタジオシティ、フィリピンのシティ・オブ・ドリームズといったカジノのプロモーションのため昨年公開された短編映画『The Audition(原題)』でも協力している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.27(Wed)

ハイセンスでカッコいい!アラサー女性におすすめのSUV(外車)5選
yoko_yamamoto
yoko_yamamoto