GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.20(Tue)

ブラック・チャイナ、Instagramのハッキング騒動でフィアンセのロブ・カーダシアンと破局!

 モデルのブラック・チャイナ(Blac Chyna, 28)が、Instagramのアカウントがハッキングされてプライベートのメッセージが流出したことを受け、米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるロブ・カーダシアン(Rob Kardashian)と破局した。

 チャイナは17日、Snapchatにメッセージを連投し、新しいInstagramのアカウントを作成したと宣言。ロブが何らかの形でハッキングに関与していたとほのめかした。

 また、すでにロブとは別れ、1ヶ月前に出産した娘のドリーム(Dream)ちゃんと身の回り品を持って家を出たとも明かしている。

 ハッカーの正体は不明だが、チャイナが送ったメールやダイレクトメッセージを流出させることに成功している。送り先には彼女のマネージャーやロブの異父妹カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)の元恋人で、ラップ歌手としても活動する俳優のジェイデン・スミス(Jaden Smith)が含まれていた。カイリーはチャイナの元恋人でラッパーのタイガ(Tyga)と付き合うためにジェイデンのもとを去った過去がある。

 メッセージの中には、チャイナが来年ロブと結婚したら「カーダシアン」姓を商標登録する計画を詳細に説明しているものや、チャイナがロブのことを「デブ」で「怠け者」と呼び、1年がすぎたら関係を終えるとするものもあった。

 ロブはドリームちゃんがいなくなった子ども部屋で泣いている感傷的な動画を公開し、チャイナが出ていったことを認めた。

 「家に帰ったらチャイナが赤ちゃんを連れて、一緒に作った子ども部屋の物をすべて持ち去っていたんだ」とロブはSnapchatで公開した動画で語っている。

 一方のチャイナは18日、新しいInstagramのアカウントで自分の言い分を主張し、猜疑心に駆られたロブが自分のスマートフォンにハッキングしたとほのめかした。

 「もううんざり」とチャイナは書き出している。「この1年、私はロブの手助けしかしてこなかったわ! 自分の個人的な問題を隠すためにあそこまで卑屈になる彼を見ていると、残念で哀れよ!」

 「1日おきに言葉による暴力も受けていた。2人の将来に大きく期待する気持ちだけで今まで一緒にいたのに! 私はロブを裏切ったことは1度もないわ! たった1度も! 彼がこんなことをしたのは、私の電話を調べても怒る理由が1つも見つからなかったからよ!正直、こんな仕打ちに耐えられる人なんていない。もう(ロブを)手助けするのはムリだし、それは彼の家族も同じよ!」

 チャイナはその後、メッセージを削除している。

 ロブとチャイナは今年1月に交際をスタートし、4月に婚約した。5月に妊娠を発表し、彼女は先月、ドリーム・レネー・カーダシアンちゃんを出産した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial
GLAM Editorial