GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.19(Mon)

ハリー・スタイルズ、FaceTimeでがん闘病中のファンとデュエット!

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のハリー・スタイルズ(Harry Styles, 22)が、ビデオ通話アプリ「FaceTime」でがんで闘病中のファンとデュエットした。

 ハリーは難病と闘う子どもたちの夢を叶える支援をする団体「メイク・ア・ウィッシュ基金」とタッグを組み、ファンであるワン・ダイレクションの中でも特にハリーが大好きなオリー・オクセン(Ollie Oxen)ちゃんの夢である電話を実現させた。オリーちゃんを励ます言葉のほか、ハリーはワン・ダイレクションの「イフ・アイ・クド・フライ」を一緒に歌った。

 ハリーの粋な計らいはオリーちゃんの母親が代理でFacebookに書き込んだことで明らかになった。

 「ハリーはがっかりさせませんでした。オー(オリー)は今日、ずっと前から大好きなポップ・アイドルとビデオチャットするという夢の時間をすごしました。信じられないくらい感動的でした。彼が作曲した『イフ・アイ・クド・フライ』を一緒に歌っていました」

 「彼と時間をすごすことができたのは、娘にとって祝福でした。彼も同じくらいステキな時間だったと言っていました。病室やイギリス全土で涙を流さない人はいなかったほどです。こんなにも早く夢を実現してもらえて、本当に感謝しています」

 オリーちゃんの母は、現メンバーのルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)と元メンバーのゼイン・マリク(Zayn Malik)がプリントされたTシャツを着たオリーちゃんと、黒と白のTシャツ姿でビデオチャットにのぞむハリーの写真も公開している。

 オリーちゃんは1月にがんと診断され、中枢神経系(CNS)への再発の治療も続けている。母親は治療中の娘と病院で一緒にいられる資金を募るため、クラウドファンディングサイト「GoFundMe」で娘のためにキャンペーンをスタートしている。先週末時点では目標額5万ドル(約590万円)のうち、4万7,068ドルが集まっていた。

 ハリーがファンの願いを叶えるためにFaceTimeでチャットをしたことは以前にもある。今年4月にはメイク・ア・ウィッシュ基金を介し、ベネズエラ在住の大ファン、アンドレア・キャシーク(Andrea Casique)ちゃんと35分間のビデオチャットを楽しんだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.11(Thu)

ビューティークリエイター・吉川康雄氏の待望の新ブランド、「UNMIX(アンミックス)」がこの春デビュー!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.01(Wed)

【夏の接触冷感&おしゃれマスクがほしい】通勤時にもおすすめ!通販もできるマスク8選
nanat
nanat