GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.17(Sat)

マッツ・ミケルセン、オーディションなしで『ローグ・ワン』に出演決定!

 米人気ドラマ「ハンニバル」で残酷な殺人鬼ハンニバル・レクターを演じるマッツ・ミケルセン(Mads Mikkelsen)は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にオーディションなしで起用された。

 デンマーク出身のマッツは、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフとなる同作でフェリシティ・ジョーンズ(Felicity Jones)演じるジン・アーソの父ゲイリン・アーソに扮している。リズ・アーメッド(Riz Ahmed)やディエゴ・ルナ(Diego Luna)、フォレスト・ウィテカー(Forest Whitaker)らもオールスターキャストに含まれているが、マッツだけは厳しいオーディションを経験する必要がなかったらしい。

 「(監督の)ギャレス(・エドワーズ、Gareth Edwards)からSkypeで連絡がきて、出演をオファーされたんだ」とマッツは英Metro紙で打ち明けた。「通話を終えたあと、監督が正しいアカウントにかけたのか急に不安になったよ。かけ直して再確認したかったくらいだ。小さな頃から観てきた作品に関われるなんてシュールな気持ちだったからね」

 またマッツはキャスティングの裏話を秘密にする風潮に逆らい、自分だけの秘密にするのは難しかったと認めた。

 「他言すべきではなかったと思うけれど、みんなに言いふらしたよ!」とマッツは笑った。

 しかし撮影セットからお土産として盗んだものについては、うまく口を閉ざしていたようだ。

 「ストームトルーパーの衣装を持ってきたかったけれど、何も持ち帰ってはいけない決まりだったんだ。小さなものをいくつか持って帰ったけれど、何かは言えないよ。10年くらい経てば明かしても大丈夫かな」とマッツはつけ加えた。

 マッツのファンは「ハンニバル」のレクター博士や『ドクター・ストレンジ』のカエシリウスといった悪役としての姿がおなじみだ。『ローグ・ワン』では善と悪の境目を行き来する役を演じているが、暗黒面の指導者ダース・ベイダーとの共演シーンがなかったことは大ショックだったようだ。

 「いいや、共演できた人たち全員に嫉妬を感じているよ」とマッツは話している。

 『ローグ・ワン』日本でも16日から公開されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono

2020.09.05(Sat)

ヨガウェアブランドおすすめ5選!快適・おしゃれなウェアをチェック
GLAM Editorial
GLAM Editorial