GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.14(Wed)

クリス・エヴァンス、「最もコスパの高い」俳優ランキングで2年連続1位!

クリス・エヴァンス

 『キャプテン・アメリカ』シリーズで知られるクリス・エヴァンス(Chris Evans)が、ハリウッドで最もコストパフォーマンスの高い俳優ランキングで2年連続1位となった。

 クリスは2015年にも米Forbes誌が発表した、映画スタジオにとって最も有利な投資案件をまとめた同ランキングで1位を獲得しており、今年もトップの座を堅守した。

 今年6月までに世界で公開されたクリスの出演作3本の収益によると、彼は出演料1ドル(約115円)につき135.80ドルの収益をあげた計算となる。その3本が『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』とすべてがマーベル映画だったとはいえ、クリスの記録をおとしめるものではない。

 アメコミのスーパーヒーローとして大成功を収めたクリスに迫る2位につけたのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と『ジュラシック・ワールド』で主演を務めたクリス・プラット(Chris Pratt)で、出演料1ドルにつき125.40ドルの収益をあげた。

 クリス・エヴァンスと『アベンジャーズ』シリーズで共演するスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)は同ランキングで女優のトップになったが、『エイジ・オブ・ウルトロン』と『シビル・ウォー』の2作に出演していながら、出演料1ドルにつき88.60ドルの収益と、2位に大差をつけられての3位だった。

 『Bad Moms(原題)』のミラ・クニス(Mila Kunis)と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のヴィン・ディーゼル(Vin Diesel)がそれぞれ4位と5位につけ、ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)、ベン・アフレック(Ben Affleck)、ロバート・ダウニーJr.(Robert Downey Jr.)、マット・デイモン(Matt Damon)、ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)らがトップ10を占めた。

 Forbesは先週、「最もコスパの悪い俳優ランキング」も発表しており、ジョニー・デップ(Johnny Depp)が2年連続で不名誉なトップとなった。ジョニーは出演料1ドルにつき、わずか2ドル80セントしかスタジオに還元していなかった。

 同ランキングに登場した大物スターはジョニーだけではなく、ウィル・スミス(Will Smith)が2位、チャニング・テイタム(Channing Tatum)が3位だった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat

2020.10.07(Wed)

おしゃれなテントでキャンプを楽しもう!おすすめテント5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial