GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.09(Fri)

ジョニー・デップ、2年連続ハリウッドで最も「もらいすぎ」な俳優に!

ジョニー・デップ

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られる俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp, 52)が、2年連続でハリウッドで「最も割高な俳優リスト」のトップに選ばれ、新たな不名誉で2016年を終えることになった。

 女優のアンバー・ハード(Amber Heard)との泥沼の離婚バトルを終えたばかりのジョニーは、米Forbes誌が毎年発表するランキングで1位となった。最新作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』などの興行収入が振るわなかったことが原因のようだ。ジェームズ・ボビン(James Bobin)監督がメガホンをとり、2010年の映画『アリス・イン・ワンダーランド』の続編となった『時間の旅』は世界興収が3億ドル(約339億9,000万円)にわずかに届かなかったものの、製作費は1億9,000万ドルと巨額だった。

 専門家がジョニーの別の直近2作の数字を合計したところ、ジョニーは出演料1ドルにつき、わずか2ドル80セントしかスタジオに還元していなかったことが分かり、ランキングで1位となった。

 ジョニーは昨年も『トランセンデンス』と『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』の2作が興行的に大失敗し、同ランキングで1位になった。

 一方、ウィル・スミス(Will Smith)は社会派ドラマ『コンカッション』やラブコメ『フォーカス』が大ヒットにいたらず、出演料1ドルにつき5ドルで2位だった。

 3位にランクインしたのは意外にもチャニング・テイタム(Channing Tatum)で、出演料1ドルにつき6ドルしか稼いでいなかった。『マジック・マイク』シリーズ第2作『マジック・マイク XXL』は大ヒットしたものの、1億8,390万ドルの興収で1億7,600万ドルの製作費を回収するのがやっとだったSF大作『ジュピター』のお粗末な成績により、スタジオへの還元率が減少した。

 4位はコメディ俳優のウィル・フェレル(Will Ferrell)で、ジョージ・クルーニー(George Clooney)は『ヘイル、シーザー!』や『マネーモンスター』、『トゥモローランド』が大ヒットにならず、5位となった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.08(Thu)

東京のお土産ならスイートポテトがおすすめ!話題の商品はどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial