GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.08(Thu)

ハリー王子、新恋人メーガン・マークルと会うため2,700キロも回り道!

ハリー王子

 英王室のハリー王子(Prince Harry, 32)が新恋人で米女優のメーガン・マークル(Meghan Markle, 35)と会うため、カリブ諸島訪問を終えた後に1,700マイル(約2,736キロ)の回り道をしてカナダに向かったと報じられた。

 ハリー王子はこの2週間、カリブ海に浮かぶ7つの島々を歴訪する過密なスケジュールをこなしていた。そのため全日程が終了すると、4日にバルバドスからロンドンに向かう予定だったフライトを北米へと変更した。

 英The Sun紙によると、ハリー王子は4日夕にカナダに到着し、5日にはトロントにあるメーガンの自宅で目撃されたという。

 「ハリーは彼女に会いたくて待ち切れなかったんだ」とある友人は同紙に語っている。「予定では同行するスタッフと一緒にブリティッシュ・エアウェイズ便でロンドンに戻るはずだった」

 「でも彼は考えを変えて、そのまま迂回して彼女に会いに行った。2人はそれほどお互いに離ればなれでいるのが耐えられないんだ。これは彼がどれだけ彼女に夢中なのかを示す1例にすぎない。完全にぞっこんになっているよ。こんなに幸せそうな彼を見たことがないし、自分のことのように嬉しい」

 米ドラマ「SUIT/スーツ」で知られるメーガンは先週末、ハリーの訪問に備えて食料品店で買い物をする姿をキャッチされた。2人が最後に会ったのは3週間前で、メーガンはロンドンを訪れてハリー王子が住むケンジントン宮殿の一角にあるノッティンガム・コテージで約1週間滞在した。

 ハリー王子はメーガンの滞在中に異例の声明を発表してプライバシーの尊重を求め、熱愛が報じられて以来メーガンにつきまとうメディアを批判した。

 「数ヶ月の交際でマークルさんがこれほどの過熱取材の対象になることは正しくありません」とハリー王子の広報官が出した声明には書かれている。「コメンテーターが『彼女が犠牲を払うのは当然』、『これも恋愛ゲームの一部』などと言うのは想像がついています。王子は強く反対します。これはゲームではありません。彼女と彼の人生なのです」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat
nanat

2020.09.06(Sun)

リラックスできるアロマオイルおすすめ6選!一日の疲れを癒そう
GLAM Editorial
GLAM Editorial