GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.07(Wed)

ヘイリー・ボールドウィン、トップレスやヌードの仕事は絶対NG!

ヘイリー・ボールドウィン

米人気モデルのヘイリー・ボールドウィン(Hailey Baldwin、20)は、3月には有力モデル事務所「IMG Models」に移籍、今年は「モスキーノ」(Moschino)、「トミー ヒルフィガー」(Tommy Hilfiger)、「エリー サーブ」(Elie Saab)などといったブランドのファッションショーで次々とランウェイを歩き、すっかりトップモデルとしての地位を確立した形だ。

そんなヘイリーは、肌をすべて露出するような仕事は受けないことを心に決めているという。

「わたしはトップレスでモデルをすることは絶対にしないわ」と、エンタメニュースのYahoo7 Beにヘイリーは断言している。「ニップルを人目にさらすのは好きじゃないから、裸でモデルは絶対しない」

その一方で、ヘイリーは友人でもあるモデル仲間のジジ・ハディッド(Gigi Hadid )やケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)にならって、セクシーで露出の多いランジェリーで知られる「ヴィゥトリアズ・シークレット」(Victoria's Secret)の仕事には大いに興味があるとも語っている。

「ビキニのモデルはもちろんOKだし、下着も、たとえばヴィクトリアズ・シークレットのように上品であればいいの。でも、下品で過剰にセクシーなものはダメ。とにかく、ヴィクトリアズ・シークレットのモデルになるのは、すべてのモデルにとって夢みたいなところがあるのよ」

雑誌Loveが発行する、クリスマスまでのアドベントカレンダーにおいては、なかなかセクシーな写真を披露しているヘイリーだが、これが際どいポーズを自分が取れる限界だと言い、こういうグラビア系の仕事でも過剰に官能的なポーズにならないよう肝に銘じているのだそうだ。

先月には、化粧品ブランド「ModelCo」とのコラボで、ニュートラル色のリップスティックからコントアパレットまでを含む25ピースからなるコスメカラーライン「Hailey Baldwin for ModelCo」も立ち上げたヘイリー。

「その中で、特にハイライターが気に入っている。異なる3つのシェイドでハイライトを入れることが出来るのよ。あとは、BBクリームと、リップバームの“Kiss Pot”も、とても好き」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.07.11(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.94 洗練された大人カフェ♡「東京カンパネラ」のコンセプトカフェで魔法のティ...
CHOCO
CHOCO