GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.06(Tue)

女性を主人公とした『21ジャンプストリート』のスピンオフが製作へ!

チャニング・テイタム

 米ソニー・ピクチャーズが、女性を主人公とした『21ジャンプストリート』のスピンオフ作品の製作に着手した。

 ソニーは続編『22ジャンプストリート』の共同脚本家の1人、ロドニー・ロスマン(Rodney Rothman)に脚本を依頼しており、「ジャンプストリート」プログラムに関係する2人の女性潜入捜査官を主人公とする話になると米エンターテイメント情報サイト「Deadline」が伝えている。

 ロスマンは「監督も視野」に入れているとも報じられたほか、ニール・モリッツ(Neal Moritz)がプロデュースする。

 ロスマンは『ジャンプストリート』シリーズでチャニング・テイタム(Channing Tatum)とジョナ・ヒル(Jonah Hill)扮するジェンコとシュミットのコンビが『メン・イン・ブラック』の世界に登場する異色のコラボ企画『MIB 23(原題)』の脚本の最新稿も手がけた。『ザ・マペッツ』を手がけたジェームズ・ボビン(James Bobin)監督がメガホンをとることがほぼ決まっている。

 しかしジョナは8月、『MIB』と『ジャンプストリート』両シリーズのクロスオーバー作品が実現するとは思えないと語っていた。女性版『ジャンプストリート』のスピンオフをめぐっては、すでにTVシリーズ「Broad City」を手がけたルシア・アニエロ(Lucia Aniello)とポール・ダウンズ(Paul Downs)、「Bob’s Burgers」のウェンディ(Wendy)とリジー・モリニュー(Lizzie Molyneux)姉妹の2組の脚本家コンビによって脚本が書かれている。

 ロスマンは他にも2013年のスポーツコメディ『リベンジ・マッチ』の脚本も担当。90年代半ばにデイヴィッド・レターマン(David Letterman)が司会を務める米人気深夜バラエティ番組「Late Show with David Letterman」にライターとして参加し、「Undeclared」といったTVシリーズでキャリアを積んだ。プロデューサーとしては『寝取られ男のラブ♂バカンス』やそのスピンオフ『伝説のロックスター再生計画!』などを手がけた。監督作品としては女性版『ジャンプストリート』が初めてとなる。

 『ジャンプストリート』シリーズは2本しかないが、ソニーにとっては確実なリターンが見込まれる投資となっている。『21』は4,200万ドル(約48億円)の製作費ながら2億100万ドルの興収を達成。続編はさらに上回り、5,000万ドルの製作費に対し3億3,100万ドルの興収をもたらした。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat
nanat

2019.09.17(Tue)

旅行中もおしゃれに決めたい! あると便利なファッションアイテム7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial