GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.12.06(Tue)

ヒラリー・スワンク、ヨガはゆったり過ぎて自分のペースに合わない!

ヒラリー・スワンク

米女優のヒラリー・スワンク(Hilary Swank、42)は、引き締まったボディの持ち主として知られるが、心身のシェイプアップのために熱心にワークアウトを欠かさず、それもハードなエクササイズのほうが好みだという。

「ジムは“Equinox”と言う名のところに通っているけれど、週2回はウェイトを持ち上げている。女性は、30代を超えると体内からだんだんカルシウムが減りはじめるから、そうすることが大事なのよね」と、IntoTheGloss.comに対してヒラリーは語っている。

「テニスにも目がないわ。出来るだけ週10時間近くはテニスをするようにしている。メンタルな面のことを考えれば、たぶんヨガもすべきなのだろうけれど、何だか自分がだれてしまうので好きじゃないの。自分がだれるようなものは、何にせよ好きになれなくてね」

2004年映画『ミリオンダラー・ベイビー』で女性ボクサーを演じてアカデミー賞主演女優賞に輝いたヒラリーは同映画のためにハードなトレーニングを積んだが、その後もアスリートのようなボディを保っているのは、個人トレーナーとのサポートのおかげだと感謝しているそうだ。

「もう7年ほど、同じトレーナーさんと一緒にワークアウトさせてもらっている。トレーナーさんは、自分が信頼できるかどうかということが一番大事。ワークアウトの目標が、心身をどうシェイプアップするものであれ、過程は長い旅のようなもの。わたしは、自分の心が一番の障害になると感じることが多いの。だから、わたしのワークアウト哲学は、体よりも心のワークアウトだと考えるようにすることなの」

日々の暮らしにおいて、メイクやヘアスタイルよりもワークアウトを優先するヒラリーとあって、外出の際のメイクは最小限にする主義。

「すごく簡素なものよ。コンシーラーをして、ブラッシュを少し、あとはまつ毛をカールさせるだけ。まつ毛カーラーは「Shu Uemura」のものが一番お気に入り。メイクでは「Chanel」の“Correcteur”コンシーラーとブラッシュを使うけれど、これは色々と混ぜて使っているの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial