GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.29(Tue)

ナチュラルメイクの達人を自負するコートニー・カーダシアン、色つきのモイスチャライザーは使わない!

コートニー・カーダシアン

米リアリティTV番組スターのコートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian、37)といえば、公衆の前に現れる時は完璧なメイクで、いつも輝くような肌で登場することで知られている。しかし、コートニー自身曰く、自分でメイクすることはお手の物ながら、それに比べてヘアスタイルを自分で行うことにはまったく自信がないのだとか。

「髪の毛については、どうして良いか分かっていないの。娘にしてあげる三つ編みぐらいは出来るけれど、それぐらい。でも、メイクのほうは5分もあれば、いつだってきっちり決められるわ。ノーメイク風のメイク、それがわたしの得意技だと思っている」

全員がセレブとして名を馳せる自分たちカーダシアン/ジェンナー姉妹の中で、誰のメイク仕上げに一番感心しているかと問われたコートニーがあげた名前は、リップカラーのラインも出している異父妹のカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner、19)とのことで、コートニーは“グラマラスな”ルックを “完璧な”に仕上げるカイリーを参考にしたいと思っているそうだ。

長年の間に美容専門家たちから受けたアドバイスの中で、コートニーが特に肝に銘じているのが、モイスチャライザーは無色のものだけを使うこと。

「以前には“ティンテッド”(色つき)のものを使っていたこともあるのだけれど、皮膚科医からそれは良くないって言われて使うのをやめたわ。色素が肌の上にちゃんと載ってそこに留まるわけではなく、モイスチャライザーと一緒に肌の中に染み込んでしまうと先生が言うので、代わりに軽くファンデーションを塗ることにしたの」

コートニーがメイクに使う定番商品は、「Manuka Doctor」のフェイスウォッシュ、トナー、サンスクリーンで、あとは軽くファンデを塗ることであらかた済ませているという。アイメイクや眉を描くのも面倒くさい時には、サングラスで隠してしまうという最終手段を取ることもあるそうだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial