GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.26(Sat)

スパイス・ガールズのメンバー全員と寝たと自慢したロビー・ウィリアムズ、メル・Bに否定されて謝罪!

メル・B

 スパイス・ガールズ(Spice Girls)のメラニー・ブラウン(Melanie Brown, メル・B)が、メンバー全員と寝たと自慢していた英ポップグループ、テイク・ザット(Take That)のロビー・ウィリアムズ(Robbie Williams)から個人的な謝罪を受け取った。

 ロビーは何年も前からコンサートのルーティンとしてこのジョークを使ってきたが、自分は寝ていないと主張するメル・Bには受け入れられなかった。

 長年の友人でもある2人は20日、メル・Bが審査員を務め、ロビーがゲスト出演した音楽オーディション番組「Xファクター・オーストラリア」で再会を果たしたが、彼がこの機会に謝罪したと彼女は明かしている。

 「実は彼、あのゴタゴタを公式に私に謝罪したの。スパイス・ガールズの5人全員と寝たと言っていたことについてね」とメルは21日、豪ラジオ番組「Kyle and Jackie O」で明かした。

 「それが望みだったのよね!」とメルは笑い、「私は彼と寝ていないわ」とつけ加えた。

 なぜロビーと親密な関係にならなかったのかと質問されたメルは、「友だちだもの…。気持ち悪い! 私の友だちとはしていたけれど…私はおこぼれはイヤなの」

 テイク・ザット全盛期のロビーの厚かましい振る舞いは今年の夏、妻のアイーダ・フィールド(Ayda Field)が夫のコンサートでの発言が本当だと認めるような素振りを見せたことで、メディアの注目を集めた。ロビーがスパイス・ガールズのメンバー5人のうち、ジェリ・ホーナー(Geri Horner)、エマ・バントン(Emma Bunton)、メラニー・チズム(Melanie Chisholm)の3人と寝たことがあるとほのめかした。

 ロビー自身はスパイス・ガールズの中で誰を征服したのか明かしていないが、10月に豪ラジオ局Nova FMの番組「Fitzy and Wippa」に出演した際、冗談が「収拾つかなく」なってしまったと認めた。

 「テイク・ザットの『バック・フォー・グッド』という曲を知っているかい? よくコンサートで歌っていたんだ」とロビーは説明した。「今でも歌う。あるツアーで、この曲を紹介するときに『テイク・ザットのメンバーでいること、そしてスパイス・ガールズ5人のうち4人と寝ることができて、本当にラッキーだよ』と言ったんだ。それがこの曲のイントロになっていたんだけど、度を超した冗談になってしまったんだ」

 ロビーはスパイス・ガールズや彼女たちの家族に謝罪し、「スパイス・ガールズ関係者のみなさんと彼女たちの夫やボーイフレンド全員に謝罪します。このジョークを面白くないと感じた夫やボーイフレンドが何人かいると聞いています」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.16(Sat)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
nanat
nanat

2020.09.06(Sun)

リラックスできるアロマオイルおすすめ6選!一日の疲れを癒そう
GLAM Editorial
GLAM Editorial