GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.25(Fri)

ジジ・ハディッド、ビキニは明るい色が一番!

ジジ・ハディッド

米人気モデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid、21)は、カリフォルニア州育ちで子供の頃からビーチバレーに明け暮れ、モデルになった後は「Sports Illustrated」誌の水着特集号に登場するなど、肌を露出したビキニ姿には慣れっこ。元来アスリート体型でワークアウトするのが大好きなジジだが、ビーチウェアを着る際に恰好よく見せる一番のコツは、個人の体型がどうのこうの前に、自分が自信を持って着られるものを選ぶのが一番だと考えている。

「すべてのひとがそれぞれ違う体型をしているのだから、体型に合ったものを選ぶことを考えると同時に、自分が着ていて一番自信を持てるものを選ぶのがいいのよ」と、ジジは豪州版Vogue誌に語っている。「ひとからビキニ姿を褒められても、自分が着ていて落ち着かないのなら、それは一番恰好がいい自分ではないということ。逆にビキニを着ていて自分の気分がよければ、それで恰好よく見えるはず」

過去にはミランダ・カー(Miranda Kerr)やベハティ・プリンスルー(Behati Prinsloo)などが務めたことのある豪州のスイムウェアブランド「Seafolly」の広告アンバサダーに2015年から就任しているジジ。同ブランドのアンバサダーになる誘いに二つ返事で応じたのは、「Seafolly」が体現する価値観にジジが共感するからだという。

「すでに自分が馴染のあるブランドで、質の高いブランドであることは承知していた。それに、Seafollyが打ち出したい理想のボディイメージというのは、わたしも推したいものであったしね」

お気に入りのSeafollyのスイムウェアピースとして、カラフルなワンピース型、ネオプレン®素材のジップタンク型、プリントのビキニ型などをあげたジジだが、プールや浜辺で着ることを避けているのは、ペールカラーやニュートラルカラーの水着だとのこと。彼女の肌色を引き立たせるものではないというのが理由だそうだ。

「明るい色の方が、わたしをスリムに見せくれるし、日焼け肌に合うのも明るい色のほうだしね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial
GLAM Editorial