GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.23(Wed)

「ゴシップガール」のテイラー・モムセン、プレッシャーをバネにした音楽活動を告白!

テイラー・モムセン

 テイラー・モムセン(Taylor Momsen, 23)はフロントウーマンを務めるロックバンド、ザ・プリティー・レックレス(The Pretty Reckless)の活動に全力を尽くし、自ら日々プレッシャーをかけている。

 テイラーは映画『グリンチ』や人気TVシリーズ「ゴシップガール」に出演し、女優としてブレイク。2009年にバンドを結成した。「メイク・ミー・ワナ・ダイ」や「ヘヴン・ノウズ」などのヒット曲で人気を博し、ファンは10月にリリースされたサードアルバム『フー・ユー・セリング・フォー』にも熱狂した。しかしテイラーはこれで成功したとは確信していないようだ。

 「良い曲を作って、披露して、『チェックしてね』と言え瞬間は、世界で一番やりがいを感じると言えるわ」とテイラーはVogue誌オンライン版で語っている。「こんなに最高な気分はない。でも、やがて気分が落ち込んできて、『ク*、またやり直しだわ』と思うようになるの。外からのプレッシャーは感じないけれど、自分たちでプレッシャーをかけているわ」

 プリティー・レックレスは『フー・ユー・セリング・フォー』の制作にあたり、長年のプロデューサーであるケイトー・カンドゥワラ(Kato Khandwala)だけではなく、多くの才能あふれるアーティストにも頼った。その1人で、故デヴィッド・ボウイ(David Bowie)やスティング(Sting)といった大物歌手のアルバムにも参加したシンガーソングライターのジャニス・ペンダーヴィス(Janice Pendarvis)は、2曲でボーカルを披露している。

 「バンドとしては初めてライブミュージシャンをスタジオに招いて、後でキーボードをオーバーダブするのではなく、ライブ感を出すことができたの」とテイラーはつけ加えた。「そのおかげで楽曲がレベルアップしたわ。良い例が『ザ・デヴィルズ・バック』よ。当初は2分にするつもりだったけれど、ライブで最後までプレイしてみると、とても気分が良かった。そのまま演奏を続けるうちに、アルバムで一番長い曲になったの」

 このアプローチで曲に人間的な要素が加わり、テイラーはコンピュータで作った音楽が聞く者の心を「操り」、演奏する者の努力を取り去ってしまうと嘆いた。

 「不完全だからこそ完全になる場合がある」とテイラーは語った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat