GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.23(Wed)

音楽活動を準備中のカイリー・ジェンナー、別名ですでにデビュー?

カイリー・ジェンナー

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner, 19)が、音楽界に進出する意欲を見せている。

 カーダシアン/ジェンナー家で最年少のカイリーは、「お騒がせセレブライフ」の中でよりも外で有名になった。ファッションとビューティー業界でビジネスを手がけた経験もあるが、より広く認められるキャリアを追求していると複数の事情通が明かした。

 「カイリーは2015年から歌唱レッスンを受けていて、他の姉妹が手を出していない唯一のものが音楽なだけに、自分のものにできると思っている」とある事情通は英Grazia誌に語っている。

 カイリーがもし本気で歌手を目指す場合は、すでに良い支援者がそろっている。ラップ歌手のタイガ(Tyga)と交際しているほか、異父姉のキム・カーダシアン(Kim Kardashian)の夫もラッパーのカニエ・ウェスト(Kanye West)だ。キムもカニエと交際する前の2011年に「ジャム(ターン・イット・アップ)」という曲を発表して歌手活動に挑戦したことがある。

 ファンの多くはカイリーがすでに曲のリリースを始めているとみており、マイケル・コース(Michael Kors)の広告やカイリー自身のリップグロス製品のPRにも使用された曲を手がけた新バンド、テラー・Jr.(Terror Jr.)のフロントウーマンを務めていると考えている。公式にはリサ・テラー(Lisa Terror)がフロントウーマンを務めているが、これまで素顔を見せたことがなく、バンドの写真では大きなピンクのウィッグをかぶっている。他にもテラー・Jr.はTwitterとInstagramで2万3,000人のフォロワーがいながら、両SNSでフォローしているのはカイリーのアカウントだけということもその憶測に信ぴょう性を持たせている。また同バンドの曲「3ストライク」は最近、米国作曲家協会に登録されており、パフォーマーとしてカイリーの名前が載っている。

 「カーダシアン家の名前がいつも先に話題になるだけに、彼女は人が気をもんでいるのを楽しんでいるけれど、以前からいつか公表するつもりでいた」と事情通はつけ加えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.06(Sun)

リラックスできるアロマオイルおすすめ6選!一日の疲れを癒そう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial