GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.17(Thu)

ジェイク・ジレンホール、数々の失恋経験を糧に自分は強くなった!

ジェイク・ジレンホール

英人気俳優のジェイク・ジレンホール(Jake Gyllenhaal、35)といえば、リース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)、キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)など、数多い有名人との交際が伝えられてきた。残念ながら、いずれの交際も破局に終わっているが、ジェイクとしては元カノたちに対しては悪感情もなく、彼女たちとの別れは自信にとって人生における貴重な勉強とあり、自分を強くしたと感じているという。

「いまは、誰もが何がしかの落胆を抱えていることだと思う。社会的にも、政治的にも、そして個人的な人間関係においてもね」と、Entertainment Tonight.に対してジェイクは語っている。「経験が、ぼくを強くした。あれで良かったとは思えないけれど、自分という人間を形成する力にはなったね」

現在、間もなく全米公開が始まるトム・フォード監督最新作「ノクターナル・アニマルズ(原題)/ Nocturnal Animals」 をプロモーション中のジェイク。同映画において、ジェイクはエイミー・アダムス(Amy Adams)演じる別れた妻スーザンに読ませるために小説を執筆する男エドワードを演じているが、私生活におけるジェイクは過去の男女関係はなるべく過去のものにそっとしておきたいタイプだとか。

「この映画は復讐劇かと尋ねるひともいるけれど、復讐が失恋の解決策になることなんて、決してないよね」

他にアイラ・フィッシャーIsla Fisher、アーミー・ハマー(Armie Hammer)、マイケル・シャノン(Michael Shannon)などが出演する「ノクターナル・アニマルズ」は、批評家筋の評判も高く、早くもアカデミー賞などの有力候補の声をもあがっているが、ジェイクとしてはいまの時点では映画賞シーズンのことをあまり考える段階ではないと強調する。しかし、2005年映画『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞ノミネートの他、多くの映画賞を受賞した経験のあるジェイクとしては、そのようなことになれば無論大いに喜びたいとは漏らす。

「あの映画でいろいろ賞をいただいた時には、ぼくはまだ若くて、その年齢で授賞させてもらえたのはとても光栄なことだと思った。もちろん、どんな年齢でも、光栄なことだけれどね。受賞者たちはとても凄いひとたちの集まりで、自分が尊敬するそういうひとたちの仲間入りさせてもらうのだからね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.26(Sun)

【2020年の制汗スプレー】夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
nanat
nanat

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial