GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.16(Wed)

ドナルド・トランプ氏を殴ると宣言していたロバート・デ・ニーロ、トランプ氏の次期大統領選出で断念!

ロバート・デ・ニーロ

 米大統領選に立候補していたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏を殴ると宣言していたハリウッドスターのロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro, 73)が、トランプ氏が次期大統領に選出されたことを受け、殴るのをあきらめた。

 『レイジング・ブル』などで知られるデ・ニーロは10月、共和党から立候補したトランプ氏を「愚か者、国家的な災難、国の面汚し、バカ者、能なし」と罵倒する動画を公開して物議をかもした。

 しかしトランプ氏が8日の選挙で次期大統領に選出されたことから、米トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演したデ・ニーロは敗北を認め、不動産王で億万長者のトランプ氏を殴りたい気持ちはなくなったと打ち明けた。

 「今でもドナルド・トランプの顔を殴るつもりですか?」と司会のジミー・キンメル(Jimmy Kimmel)はデ・ニーロに問いかけた。「今なら逮捕される可能性がありますね」

 「(次期)大統領になった以上、もうムリだね」とデ・ニーロは答えた。「その立場には敬意を払わなくてはいけない。これから彼が何をするか、いくつかのことにどう対応するかを注視しなければならない。今、多くの都市で起きているように、たくさんの人々が激怒して抗議デモをしている」

 デ・ニーロはロンドンの「ノブ」やニューヨークの「ロカンダ・ヴェルデ」など自身が経営するレストランにトランプ氏を出入禁止にするかどうかについては答えなかった。しかし、トランプ氏がホワイトハウスの新しい主に決まったことで、イタリアの市民権を活用することになるかもしれないとジョークを忘れなかった。

 「たぶん(イタリアに)引っ越す羽目になるだろう」とデ・ニーロは笑った。

 問題の動画メッセージは10月、制作会社アノニマス・コンテントに寄せたもので、デ・ニーロはトランプ氏のことを「恥」と切り捨て、民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官への投票を訴えた。この動画は長年の共和党支持者で俳優のジョン・ヴォイト(Jon Voight)との口論を招き、デ・ニーロはトランプ氏を支持するヴォイトを「妄想的」とやり返した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.13(Sat)

パートナーが見違える!? メンズメイクをおすすめしちゃいましょ♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.16(Sat)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
nanat
nanat

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial
GLAM Editorial