GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.16(Wed)

「デス妻」のエヴァ・ロンゴリア、ドナルド・トランプ氏の勝利で数日間うつ状態に!

エヴァ・ロンゴリア

 米人気ドラマ「デスパレートな妻たち」で知られる女優のエヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria, 41)は先週、米大統領選に立候補していたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が次期大統領に選出されたことでうつ状態になり、2日間ベッドから出られなかった。

 民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官の熱心な支持者だったエヴァは、8日の投票で共和党候補のトランプ氏の当選が確定すると、ショックで何もする気が起きなかったという。

 「選挙の後は2日間くらい寝たきりになったほどだから、(クリントン氏の)気持ちは想像もできないわ」とエヴァは米エンターテイメント情報番組「Extra」で胸中を語った。「ものすごくショックだった」

 しかし、ようやくトランプ氏の衝撃的な勝利に折り合いをつけ始めているとも話している。

 「選挙戦では両方とも同じ問題を抱えていたと思う。この国は前に進むべき時だと思うし、トランプ次期大統領には投票してくれた人だけではなく、全国民のための大統領になるべきだという自覚を持ってほしい」とエヴァは力説した。「今後はいくつかのコミュニティが感じた傷をいやす努力が必要になってくるわ」

 また彼女は新しいリーダーの前途を祝福し、1月にバラク・オバマ(Barack Obama)現大統領が退任して新しい大統領に就任する際は「思いやりのあるドナルド」になってほしいとも期待を込めた。

 「実は選挙のずっと前から彼を知っていて、農場で働かさられる子どもたちのドキュメンタリーのためにニューヨークで資金集めパーティーを開いた時、ニューヨークの知り合い全員に招待状を出したことを思い出すわ。彼は来られなかったけれど、『出席できずにすまない、これを役立ててほしい』と手紙を送ってくれたの。慈善事業に寄付する小切手が同封されていたわ」とエヴァは振り返った。「私が知っているドナルドはそんな人で、私の中ではドナルドはそういう人物なの。候補者は当選するために色んなことを言うものだし、10年来の知り合いで、ラテンコミュニティを気にかけてくれたドナルドが、ホワイトハウスをリードしてほしい」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.09.17(Tue)

旅行中もおしゃれに決めたい! あると便利なファッションアイテム7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial