GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.12(Sat)

エイミー・アダムス、赤髪に染めるようになったのが女優としての成功のきっかけ!

エイミー・アダムス

赤毛の女性の役が多い米女優のエイミー・アダムス(Amy Adams、42)だが、実は元来の地毛は赤味がかったストロベリーブロンド。はっきりした赤髪に初めて染めたのは、2004年TVドラマ『Dr. Vegas』に出演した際27歳の時のことだそうだ。

「その時まで、自分がオーディションに呼ばれて勝ち取ることが出来た役は、ブロンドの役ばかりだったのけれど、この番組のために赤毛にしたとたんに、それまでお呼びがかかるのが、男の気をひくことばかりに関心のあるオバカな女性の役ばかりだったのが、少し変わっているけれど個性のある面白い女性の役が来るようになったの」と、エイミーは11月16日に行われたニューヨークタイムズ紙主催のイベント「タイムズ・トーク」の折に語ったとPeople.comは伝えている。

その後すぐに、エイミーは、初のアカデミー賞ノミネートにされ出世作となった『Junebug(原題)』やディズニー映画『魔法にかけられて』などへの出演があい続き、演技派女優としての地位を確立して行ったが、これも赤毛に染めた姿の印象が世間に強く印象を残したからだとエイミーは考えている。

「ほんのちょっとしたことで自分に対する見方を大きく変えることがあるのを、その時初めて知り、自分にとって大きな勉強にもなったわ」とエイミー。

アカデミー賞ノミネート5回を数えるエイミーは、実際に地毛が赤髪の豪女優アイラ・フィッシャー(Isla Fisher)と、しばしば街で間違えられることがあるという。そのアイラとは、エイミーは2003年映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』で同じ役のオーディションに参加した際に初めて顔を合わせたそうで、この時はアイラを抑えてエイミーがベル・ストロング役を勝ち取っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial