GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.11(Fri)

ニコール・キッドマン、養子縁組している子どもが実の両親を探したくなったら援助は惜しまない!

ニコール・キッドマン

女優ニコール・キッドマン(Nicole Kidman, 49)には2人の養子がいるが、彼らが生物学上の家族を探したくなった場合は絶対にサポートすると語った。

ニコールは前夫のトム・クルーズ(Tom Cruise)と結婚していた際、イザベラ(Isabella, 23)とコナー(Connor, 21)を養子にしている。

生き別れになった実の親を探す新作映画『Lion(原題)』をプロモートする際に、このテーマは実生活でも話題に上ると語ったニコール。最近のE! Newsでのインタビューでは、養子が生みの親を探すことについてどう思うかと尋ねられた。

「それは養子縁組をした私の信念の1つです」と語ったニコール。「もちろん、養子として育てた子が生みの親を探したいなら、私は絶対にサポートします」

映画『Lion』では、別の電車に乗ってしまって両親と生き別れになったインド人の少年を養子にする、とある夫妻のストーリーが語られる。ニコールはそのサルー少年を養子として育てるスー・ブリアーリーを演じていて、デヴ・パテル(Dev Patel)演じる大人になったサルーは、離れ離れになった家族をGoogle Earthを使って見つけようとする。

ニコールには夫でミュージシャンのキース・アーバン(Keith Urban)との間にフェイス(Faith)とサンディ(Sunday)の実の娘がいて、ニコールは来年の6月に、キースは10月に50歳の誕生日を迎える。この記念日をどうやって祝うかをニコールはまだ考えてもいないそうだ。

「誰もが来年のことを考えているけれど、私たちが考えているのは翌週のことなの」と微笑んだニコール。「今の生活でできるのはそれだけよ」。

その代わりにニコールは、12月にやってくるフェイスの6歳の誕生日を祝うための準備に力を入れている。50歳の誕生日パーティーを夫と合同で開く予定はあるのかと尋ねられたニコールはこう答えた。「どうかしら。今はフィフィ(フェイス)の誕生日のことを考えているわ。我が家のリストでは次はフィフィの誕生日だから」

実話を元にした映画『Lion』は、9月にトロント国際映画祭でプレミア上映された。

ガース・デイヴィス(Garth Davis)監督の商業映画デビュー作となったこの映画は、北米では11月24日から公開される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.10(Sat)

【秋の登山】かわいさと機能性のいいとこ取り!おすすめなレディースの服装9選
GLAM Editorial
GLAM Editorial