GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.11.04(Fri)

マライア・キャリー、婚約解消なら高級ジュエリーの返却を求めた婚前契約に署名拒否!

マライア・キャリー

 人気歌手のマライア・キャリー(Mariah Carey)が、豪出身の億万長者で元フィアンセのジェームズ・パッカー(James Packer)と交際中に受け取ったジュエリーを、婚約を解消した場合はジェームズに返却することを求める婚前契約への署名を拒んでいたと報じられた。

 米芸能情報サイト「TMZ」によると、2月中旬以降に同編集部が確認したメールで、マライアとジェームズの婚前契約をめぐる交渉のやりとりの詳細が浮かび上がったという。マライアとジェームズは先月に破局が報じられ、彼女の広報担当者は2人が少し距離を置き、マライアは9月にギリシャでのバカンスを早めに切り上げて帰国して以来、ジェームズに会っていないことを事実として認めた。

 TMZによると、ジェームズの弁護士らはマライア側に100ページに及ぶ書類を送り、婚前契約の概要を提示。条件の1つとして、もしジェームズとマライアが婚約を解消した場合は、贈り物であるという署名入りのメモをマライアが受け取っていない限り、ジェームズから贈られたジュエリーをすべて彼に返却することを求める条項が含まれていたという。

 ジェームズはマライアと2人目の夫ニック・キャノン(Nick Cannon)との離婚が成立していなかったにもかかわらず、3月にボラボラ島での挙式を望んでいたため、弁護士チームが婚前契約の仕上げに時間がかかっていることに不満を感じていたともTMZは伝えている。婚前契約が3月までに署名されなかったことで、ジェームズは弁護士チームに不満をぶちまけたようだ。「誰が誰のために働いているのか分からない。このメールのやりとりには私が聞いたこともない名前がたくさんあるからだ。私のために働いている人たちへのメッセージ。言うことを聞かないなら失せろ。3月1日に結婚したいんだ。ジェームズ」と彼は1通のメールで書いている。

 このメールが送信された当時、マライアは結婚する気満々で、すでにドレスを買い、花の注文をすませ、ゲスト全員のフライトも手配していたという。提案された日付までにマライアとニックの離婚が成立していなかった場合は、ジェームズと「コミットメント・セレモニー」で祝うつもりだったようだ。

 さらにTMZによると、婚前契約の草稿には婚約を解消した場合にマライアが5,000万ドル(約51億6,400万円)を受け取ると明記されており、彼女が同じ金額をジェームズに要求しているという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.13(Sat)

パートナーが見違える!? メンズメイクをおすすめしちゃいましょ♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.08.29(Sat)

女性の憧れミランダカーがプロデュースする化粧品5選!おすすめはどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.27(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP5発表!
高山 都
高山 都