GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.10.26(Wed)

アーノルド・シュワルツェネッガー、大統領選に出馬の意向があったと告白!

アーノルド・シュワルツェネッガー

 ハリウッドスターのアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger, 69)が、米大統領になる資格があれば今年の大統領選に出馬したかったと明かし、ファンを驚かせた。

 カリフォルニア州知事を2期にわたって務めたシュワルツェネッガーはすでに政界を引退しているが、米Adweek誌最新号のインタビューでは、もし出馬する資格があればドナルド・トランプ(Donald Trump)氏と党の指名を争っていただろうと打ち明けた。シュワルツェネッガーはオーストリア生まれのため、大統領選に出馬することはできなかった。

 「もしアメリカで生まれていたら出馬していただろう」とシュワルツェネッガーは語っている。「なぜなら、今こそ出馬にとても良いタイミングだからだ」

 シュワルツェネッガーが出馬のため法改正を試みなかったわけではない。過去には2016年の選挙に出馬できるよう、法律の修正案の支持をとりつけるロビイング活動をしたとされている。

 2003年から2011年までカリフォルニア州サクラメントで知事を務めた経験を振り返り、シュワルツェネッガーは知事としての職は想像していたものとは違っていたと認めている。

 「政治は好きじゃなかったが、政策は好きだ」

 再びアクションスターに復帰したシュワルツェネッガーは、共和党候補のトランプ氏に代わって米リアリティ番組「アプレンティス/セレブたちのビジネス・バトル」のホスト役を任されたにもかかわらず、トランプ氏には投票しないと公言している。また以前から今年の大統領選に影を落としている騒ぎを予見していたシュワルツェネッガーは、2015年6月の米エンターテイメント情報番組「E! News」のインタビューで次のように語っていた。

 「今はどの候補者に対しても何の意見も持っていないし、中には良い候補がいるとだけしか思っていない。時が経つにつれ、人々は(悪い候補者を)除外していくだろう」

 「自分の存在をアピールするために、たくさんのひどいことや、とんでもないことを言って騒ぎ立てる候補者がたくさん出てくるだろう」

 トランプ氏は現地時間11月初旬に行われる大統領選挙で、バラク・オバマ(Barack Obama)現大統領の後任の座を民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官と争う。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.06.13(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.90 映画のような世界が広がる♪ 〜HOTEL EMANONで過ごす特別な時...
CHOCO
CHOCO

2020.10.12(Mon)

ゆったり癒される♪都内のおしゃれな温泉スポット7選!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial
GLAM Editorial