GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.10.25(Tue)

ヒラリー・スワンク、自身の新アクティブウェアコレクションは女性応援が目的!

ヒラリー・スワンク

米女優のヒラリー・スワンク(Hilary Swank、42)は、食事と睡眠と並んで毎日のワークアウトを生活の中心に置いている。映画『ボーイズ・ドント・クライ』と『ミリオンダラー・ベイビー』で2度のアカデミー賞受賞に輝いているヒラリーは、10代半ばに女優を志すまでは、水泳でジュニア・オリンピックの選考会に出場したり、体操では州大会レベルで競っていたりしていた経験を持ち、運動万能として知られている。そんなヒラリーが、普段着にもワークアウト双方に使える40ピースからなる自身のアクティブウェアコレクション「ミッション ステートメント」(Mission Statement)をネット販売で展開し始めた。

「わたしは自分がアスリートとして育ったから、ワークアウトは呼吸したり、寝たり、食事をしたり、水を飲んだりするというのと同じぐらい、わたしの暮らしの中で当たり前のことなの」と、ヒラリーはファッション業界専門紙WWDに対して語り、「ミッション ステートメント」を立ち上げたのは品質の高いアクティブウェアが市場に少ないと感じたのが理由だとつけ加えた。

「普段着とのクロスオーバーとしても的を射ていると思うものが、すごく少ないとわたしは思ったの。アクティブウェアとしてのパフォーマンスも高くて、ファッション性も高い、そんなものはないのか?探しているうちに、見つからないから自分で創ることにしたのよ」

女優として成功を見たヒラリーだが、アスリート時代にコーチのひとりから貰ったひとつの言葉が、これからビジネスウーマンとしての自分の銘になりそうだと笑いながら語った。

「もうこれ以上自分は出来ないとか、本当に苦しい時に、むかしの体操のコーチの言っていたことを思い出すわ。『出来ないというのはしないということ。しないというのならプッシュアップを追加だ!』とね」

ヒラリーには、自分の新しい事業が、自身の夢を女性が追求することに少しでも貢献できればいいという想いもある。

「女性が、他の女性の活躍を自分たちが支援していこうという動きが、いまは強くなっていると思う。わたしも、その流れを後押しできないかと考えているのよ」と、ヒラリー。

「だから、“ミッション ステートメント”というブランド名にも、そういう願いと目的が込められているの。女性たちに、自分たちにとって価値ある“ミッション”を、それが何であれ見つけてもらいたい、そういう願いをね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.27(Wed)

ハイセンスでカッコいい!アラサー女性におすすめのSUV(外車)5選
yoko_yamamoto
yoko_yamamoto