GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.10.22(Sat)

「リーボック」、クリエイティブディレクターにトーマス・スタインブルックを起用!

トーマス・スタインブルック

米スポーツ用品ブランド世界大手の「リーボック」(Reebok)が、クリエイティブディレクターにドイツ出身の米ファッションデザイナー、トーマス・スタインブルック(Thomas Steinbruck)が就任したことを発表した。スタインブルックは、同ブランドのフットウェアおよびアパレルのコレクション展開の方向性を統括するとともに、所属するデザイナーたちに、同ブランドが今後目指すトレンドやテーマの設定などを通じて、インスピレーションと指導力を発揮することになるという。

「リーボック」社長のマット・オトゥール(Matt O’Toole)は、「ポルシェ・デザイン」(Porsche Design)、「エリー・サアブ」(Elie Saab)、「ケネス・コール」(Kenneth Cole)などで、これまでに上級デザイナーとしての豊富な経験を持ち、フィットネスとアクティブウェアに対する熱意も厚いというスタインブルックの起用が、同ブランドにとって自然な流れだったとコメントしている。

「われわれリーボックでは、いまとてもエキサイティングなことを築き上げようとしており、トーマスを迎えたことは、リーボックを世界的なフィットネスブランドとしてさらに確立させる次の一歩になります」と、オトゥールはファッション業界専門紙に対して声明を寄せた。「トーマスは、クリエイターとして優れているばかりでなく、フィットネス活動を最高のレベルで行いつつ、見た目もスタイリッシュで気分の良いものを欲しいと願う顧客のために最高のものを提供したいというリーボックの熱意を共有してくれているという意味でも、わたしたちのブランドにとって最適の人選です」

ニューヨーク市にあるパーソンズ美術大学で教鞭を取った経験があり、同校在職中にはアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)が師事したことでも知られるスタインブルックは、リーボックの持つ“可能性”に興奮していると語っている。

「リーボックは素晴らしいブランドです。時代の先を行くフィットネス商品を提供する先進性の一方で、まさにアイコンと言って良いフットウェアを過去数十年にわたり世に送り出してきています。リーボックを世界的なフィットネスブランドとしてさらに確立することに貢献し、自分が熱意を持っている分野に集中できることに、大きな喜びを感じています」

オトゥールのもと、よりヘビーなフィットネスに関心を寄せる「FitGen」世代向けの商品の開発に近年では力を注いでいる「リーボック」とあって、スタイブルックの起用もこの方向を重視したもののようだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.27(Wed)

ハイセンスでカッコいい!アラサー女性におすすめのSUV(外車)5選
yoko_yamamoto
yoko_yamamoto