GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.10.20(Thu)

エディ・レッドメイン、トップレスシーンに備えて筋トレしたのにカットされて無駄骨!

エディ・レッドメイン

 英俳優のエディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)は、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でトップレスシーンの撮影に備えて数ヶ月も筋力トレーニングに励んだものの、最終的にカットされてしまい、せっかくの苦労が水の泡となったエピソードを明かした。

 『博士と彼女のセオリー』でオスカー主演男優賞を受賞したエディは、『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフとなる『ファンタスティック・ビースト』で魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを演じている。脚本に上半身裸でたくましい肉体を披露するシーンが1つあったことから、この瞬間のために筋力トレーニングに励んだ。ところが完成版からはそのシーンがカットされてしまい、せっかくの努力がムダになったという。

 「悲しいことに映画にはもう残っていないけれど、(作者の)J・K(・ローリング)に、『防水シートを取って、こんなに筋骨隆々としていても、噛まれた跡や戦争の古傷があるのを見せてほしい』と言われたから、あるシーンのために7ヶ月もうんざりするようなワークアウトをこなしたんだ」とエディは英The Sun紙に語っている。「そのシーンを読んで、『やれやれ』と思ったよ。それで何ヶ月もトレーニングをしたのに、映画からカットされてしまったんだ。まあ世界中の観客にとっては良いことだったかもしれないけどね」とエディはジョークを飛ばした。

 『ハリー・ポッター』シリーズの作者であるJ・K・ローリング(J.K. Rowling)は同作で脚本家デビューを飾った。先週にはロンドンであったファンイベントで、同作は5部作シリーズの第1弾になると明かした。

 「1本だけで収まらないことは最初から分かっていたことです」とローリングは語っている。「プロット構想はちゃんと終わっているので、5部作になるのは間違いありません」

 エディは同イベントで、『ハリー・ポッター』の熱狂的なファンを満足させることに「大きなプレッシャー」を感じ、撮影開始時に魔法の杖を持った時は緊張したと打ち明けた。

 「まるで自分が9歳の子どもになったような変な気分だったよ。人生で最高の瞬間を体験しているような子どもだった」とエディはつけ加えた。

 『ファンタスティック・ビースト』は日本でも11月23日に公開される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.12(Tue)

ミニ財布【人気レディースブランド5選】使いやすくておしゃれ!
Saki
Saki

2020.12.10(Thu)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial