GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.10.18(Tue)

プラスサイズモデルのロビン・ローリー、モデルになるのをあきらめて世界を放浪していた経験を告白

ロビン・ローリー

スポーツ・イラストレイテッド誌やVOGUE誌イタリア版などの表紙にも登場したプラスサイズ・モデルのロビン・ローリー(Robyn Lawley, 27)が、モデルになるのをあきらめて旅をして暮らしていた時期があると告白した。ロビンがモデルを目指していたのは、極細モデルが全盛だった頃。洋服サイズが10号(アメリカのサイズ)の彼女は、仕事に恵まれずモデル業を断念せざるをえなかったのだという。「私は極細の女の子がイケてるっていう時代に育ったの。カーヴィーなモデルなんて、2人か3人しかいなかったんじゃないかしら。モデルになろうとしたけれど、やせているのが理想の体型とされていた時代だったから、当然うまくいかなかったわ」と、ロビンはオーストラリアのDaily Mail紙に明かしている。「私はモデルになるのを断念して、1年間あちこちを旅して回ったりしていたの。それから、自分本来のサイズのままモデル業を再開したわ。でも、その後もしばらくは自分の体が嫌いだった。仕事しなかったことを、体のせいにしてしまったから」。

自身の体型を受け入れたロビンは、やがて人気モデルの仲間入りを果たした。ロンドンにある巨大ショッピングモール「ウェストフィールド(Westfield)」の“美と健康のアンバサダー”にも選ばれたロビンだが、彼女のような体型を指す「プラスサイズ」という呼称にはいまだに納得がいかないという。「“プラスサイズ”なんて、人を傷つける呼称だと思うわ。女性の平均サイズは14号なんだから、そのサイズの人たちを差別するなんてヘンよ。私はいまの体型でも健康だし、自然だと思っているわ」と、ロビンは訴えている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.13(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP10(第6位~第10位)発表!
高山 都
高山 都

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial