GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.10.17(Mon)

「glee」のディアナ・アグロン、マムフォード&サンズのウィンストン・マーシャルと結婚!

ディアナ・アグロン&ウィンストン・マーシャル

 米人気TVシリーズ「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」に出演していた女優のディアナ・アグロン(Dianna Agron, 30)が、英フォークロックバンド、マムフォード&サンズ(Mumford & Sons)でバンジョーを担当するウィンストン・マーシャル(Winston Marshall, 27)とモロッコで挙式した。

 ディアナとウィンストンは昨年に交際をスタート。同年7月にパリ市内で手をつないでデートする様子を激写されて発覚した。

 ウィンストンはクリスマス休暇中にプロポーズしており、2人は15日にデスティネーションウェディングで夫婦の誓いを交わしたとディアナの広報担当者が米Us Weekly誌の取材に認めた。

 エンターテイメント情報サービス「WENN」が報じた時点では式の詳細は明らかになっていなかったが、2人は私生活についてほとんど語らない主義で、年明けに婚約のニュースが報じられても事実かどうか認めようとしなかった。しかしディアナは2月、ロンドン・ファッションウィークで左手の薬指に大きなダイヤモンドの指輪を身につけたまま姿を見せ、婚約を事実上認めた。

 ウィンストンはチャンスがあれば必ずディアナへの愛を示しているとある事情通は打ち明けた。

 「彼は本当に魅力的で、彼女を王女のように扱っているんだ」とこの事情通はUsに語っている。「すごく思いやりがあって、どこへ行くにも彼女の家族のために飛行機を手配したり、彼女が家族と会いたくなったらいつでも一緒に行ったりするほどなんだ。彼女の友だちともとても仲良くしているよ」

 ディアナとウィンストンは今回が初婚となる。

 ディアナが英国出身の男性が好きなことは明らかだ。これまでに『マジック・マイク』のアレックス・ペティファー(Alex Pettyfer)や俳優のクリスチャン・クック(Christian Cooke)、ヘンリー・ジュースト(Henry Joost)監督らと交際したほか、俳優のセバスチャン・スタン(Sebastian Stan)やトーマス・コックレル(Thomas Cocquerel)らとの熱愛がささやかれたこともある。一方、ウィンストンは過去に米人気歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry)と短期間だけ付き合ったことがある。

 ウィンストンはマムフォード&サンズの中で、有名人女性と結婚した2人目のメンバーとなった。フロントマンのマーカス・マムフォード(Marcus Mumford)は『華麗なるギャツビー』などで知られる英女優のキャリー・マリガン(Carey Mulligan)と結婚している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.09.17(Tue)

旅行中もおしゃれに決めたい! あると便利なファッションアイテム7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.02(Wed)

オーガニックハンドクリームおすすめ6選!美しい手をキープしよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial