GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.09.27(Tue)

ジャスティン・ビーバー、ドイツのクラブであわや乱闘に!

ジャスティン・ビーバー

 人気歌手のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber, 22)が23日、独ミュンヘンのナイトクラブで男性に飛びかかられるアクシデントに見舞われたが、すんでのところで乱闘を避けた。ジャスティンは人気クラブ「HEART」で客の間をエスコートされて歩いているところを襲われた。

 米芸能情報サイト「TMZ」が入手した動画には、ジャスティンがドイツの伝統衣装に身を包んだブルネットの女性バーテンダーのそばを通りすぎ、出口へ向かう姿が映っている。そこへ男性の両腕がジャスティンに向かって突き出され、驚いたジャスティンが足を止め、ビジネスパートナーのジョン・シャヒディ(John Shahidi)らスタッフが飛びかかってきた男性を取り押さえている。

 新恋人とスピード破局したばかりのジャスティンは騒動の後、バイエルン人の女性バーテンダーにエスコートされて店の外へ出て行った。

 ジャスティンは現在、「パーパス・ワールドツアー」のヨーロッパ公演を敢行中で、24日にはノルウェーのオスロでもステージに立った。

 ジャスティンが乱闘騒ぎに巻き込まれたのはこれが初めてではない。6月には米プロバスケットボール協会(NBA)優勝決定戦クリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズの試合後、キャバリアーズの本拠地オハイオにあるホテルの前で男性と乱闘する様子を撮影された。ジャスティンは男性と殴り合いになり、地面に倒されたが、女性が間に割って入って2人を引き離した。

 ジャスティンはその後、SNSで無傷ぶりを自慢し、顔には「かすり傷一つ」ないと豪語した。

 またジャスティンは今年、ロンドンで開催された英音楽の祭典「ブリット・アワード」授賞式のアフターパーティーで、スタッフと男性客が乱闘となったため、退店を求められた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.28(Tue)

ペチコートとは?下着の透けを防ぐマストアイテムでおしゃれをより快適に!
nanat
nanat

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial