GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.09.21(Wed)

『パシフィック・リム』続編に新人ケイリー・スペイニーが抜擢!

ジョン・ボイエガ

 新人女優のケイリー・スペイニー(Cailee Spaeny)が、大ヒット映画『パシフィック・リム』の続編『Pacific Rim: Maelstrom(原題)』の主演に抜擢された。続編をめぐっては先日、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボイエガ(John Boyega)が主役にキャスティングされたが、新監督のスティーヴン・S・デナイト(Steven S. DeKnight)はケイリーを新たに主役に加えた。スコット・イーストウッド(Scott Eastwood)の出演も決まっている。

 続編の詳細はほとんど明かされていないが、ジョンは2013年に公開された前作で『マイティ・ソー』シリーズにも出演しているイドリス・エルバ(Idris Elba)が演じ、自爆攻撃で死んだスタッカー・ペントコスト司令官の息子として出演する。

 歌手としても活動するケイリーは、これまでインディーズ系短編映画『Counting to 1,000(原題)』などわずか2本の作品にしか出演経験がなく、『Pacific Rim: Maelstrom』が初の大作映画となる。

 ギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)監督による前作にはイドリスのほか、チャーリー・ハナム(Charlie Hunnam)、マックス・マーティーニ(Max Martini)、ロン・パールマン(Ron Perlman)らも出演しており、3人とも2018年2月に公開が予定されている続編に再登場すると噂されている。

 デル・トロ監督は当初、2014年に続編の撮影を予定していたが、たび重なる延期に見舞われていただけに、ケイリーの起用はファンにとってはうれしいニュースとなる。

 デル・トロ監督と制作陣はストーリー作成のためにもっと時間が必要だとして昨年に続編の「無期限の延期」を決めたと伝えられたが、今年2月、続編ではデナイト監督にメガホンをバトンタッチすると明かした。

 デル・トロ監督は脚本とプロデューサーとして作品に関わり、ジョンも自身の制作会社「アッパールーム・プロダクションズ」を通じて共同プロデューサーとして参加すると米Variety誌が報じている。撮影は11月からオーストラリアと中国でスタートする予定だ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.27(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP5発表!
高山 都
高山 都

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial