GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.09.21(Wed)

輝かしいキャリアを築いてきたケイト・モス、念願だったモデル事務所を設立!

ケイト・モス

衰え知らずの人気を誇るスーパーモデルのケイト・モス(Kate Moss, 42)が、自身の名前を冠したモデル事務所「Kate Moss Agency」を設立することになった。90年代にトップモデルの座を掴んでから、ケイトはカルバン・クライン(Calvin Klein)やヴェルサーチ(Versace)、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)といった人気メゾンのキャンペーン・モデルを務めるなど、ファッション界で大活躍してきた。モデルとしての経験も知識も豊富なケイトは、歌って踊れるスター的なモデルの育成を目指しているという。「(モデル事務所設立は)私の夢だったの。だから、なんだか不思議な気分だわ」と、ケイトはファッション情報のサイト「Business of Fashion」にコメントしている。「フェイ・ダナウェイ(Faye Dunaway)が出演した『ジーア/悲劇のスーパーモデル』って映画を知ってるかしら。あの映画で、彼女はエージェントの役を演じているのよ。私も彼女と同じことをやれるなんて、すごく嬉しいわね。でも、私は事務所を経営するだけではなく、モデルたちのキャリアを構築することにも力を入れたいの。美しいだけの人は求めていないわ。私が求めているのは、歌やダンス、演技にも挑戦したいと思っている人たちだから。私はスターを生み出したいのよ」。

ケイトの事務所は新進スターたちとの仕事を皮切りに営業をスタートさせる予定で、長年ケイトのブッキング・エージェントを務めてきたルーシー・バクスター(Lucy Baxter)が中心的な役割を果たすことになっている。事務所を創設するという計画は、ケイトが30年近く在籍したストーム・モデルズ(Storm Models)を今年の春に去った時から動き始めた。「モデル業以外の仕事をやってみたいと思ったの。長い間ストームで仕事をしてきたけれど、14歳の頃から私を知っている彼らにとって私はいつまでも“ちっちゃなケイトちゃん”なのよね。ストームを離れるのは、実家を離れるのと同じようなもの。彼らは私が去ることに理解を示してくれて、『今までやれる限りのことをやってきたけれど、去るべき時が来たんだね』と言ってくれたわ。私はもっと羽根を広げてみたかったのよ」と、ケイトは話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.02(Wed)

オーガニックハンドクリームおすすめ6選!美しい手をキープしよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial