GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.08.27(Sat)

ドウェイン・ジョンソン、Forbesが選ぶ「最も稼ぐ男優」ランキングで初のトップに!

ドウェイン・ジョンソン

 ザ・ロックがアイアンマンを破り、米Forbes誌が選ぶ「最も稼ぐ女優」ランキングで初めてトップに立った。

 「ザ・ロック」のリングネームでプロレスラーとして活躍し、アクション俳優に転身したドウェイン・ジョンソン(Dwayne Johnson)が、これまで1位をキープしていた『アイアンマン』シリーズで知られる俳優のロバート・ダウニーJr.(Robert Downey Jr.)を追い抜き、ハリウッドで最も稼ぐ役者リストで1位となった。

 ドウェインはこの1年で『ワイルド・スピード』シリーズに加え、『カリフォルニア・ダウン』、『Central Intelligence(原題)』に出演し、6,450万ドル(約64億7,000万円)の収入を得たが、その時点でトップに輝くには十分な金額だった。ドウェインは前年の倍以上の収入を稼いでいる。

 ドウェインは1位になった記念として、「これについては2つ言いたいことがある。オレは時給7ドルでスタートした。オレにできるなら君にもできる」とツイートした。

 2位につけたのは推定6,100万ドルのジャッキー・チェン(Jackie Chan)で、常連のトム・クルーズ(Tom Cruise)が5,300万ドルで4位、ジョニー・デップ(Johnny Depp)が4,800万ドルで5位だった。しかしジョニーは結婚から15ヶ月で離婚した女優のアンバー・ハード(Amber Heard)に和解金として700万ドルを支払うため、来年のランキングでは不利な展開が予想される。

 一方、昨年までトップに君臨していたロバートが今年は8位に後退。インド人俳優のシャー・ルク・カーン(Shah Rukh Khan)と並んで推定3,300万ドルだった。

 ドウェインはTVシリーズ「ベイウォッチ」や映画『ジュマンジ』のリメイク版にも出演するほか、複数の『ワイルド・スピード』シリーズ作品にも登場するだけに、しばらくは快進撃が続きそうだ。米外交保安部のルーク・ホブス捜査官役で4回目の出演となる『Fast 8(原題)』は、2017年に公開が予定されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.08(Tue)

カーディガンがかわいい秋コーデおすすめ8選。大人カジュアルで街を歩こう
GLAM Editorial
GLAM Editorial