GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.08.26(Fri)

ラッキー・ブルー・スミス、SNS上での自身の人気には正直ビックリ!

ラッキー・ブルー・スミス

米若手モデルのラッキー・ブルー・スミス(Lucky Blue Smith、18)は、10歳の頃に地元ユタ州でスカウトされ、「Next Management」と契約して2年後にはロサンゼルスでモデルとしてのキャリアを開始した。まだ短い活動期間ながら、「トム・フォード」(Tom Ford)や「フィリップ・プレイン」(Philipp Plein)などの広告の顔を務めているが、特にインスタグラム上ではフォロワーが250万人という大人気を誇っている。

「これだけ多くの人が、ソーシャルメディアを通じて自分に関心を持ってくれるとは思わなかったよ」と、ラッキー・ブルーはV誌に対して述べている。「ビックリだけど、悪い気はしないね」

ラッキー・ブルーは、2009年に同じくモデルである自分の3人の姉パイパー・アメリカ(Pyper America)、スターリー・シャイアン(Starlie Cheyenne)、デイジー・クレメンタイン(Daisy Clementine)とサーフロックバンド「ジ・アトミックス」(The Atomics)を結成して、音楽活動も行っている。ラッキー・ブルーは、同バンドではドラムの担当だ。

「音楽は、ぼくたちにとって最大の優先事項。しかし、モデルとしてのキャリアの方がみな予想以上に先行した形になった。しかし、その間も曲書きや練習は欠かしていなかったよ」

父ダロン(Dallon)の協力を得て、11月発売予定の本を現在準備中だというラッキー・ブルー。同書には、写真家アニー・リーボヴィッツ(Annie Leibovitz)が「モンクレール」(Moncler)のためにアイスランドでラッキー・ブルーを撮影した写真でこれまで未公開だったものや、その他少年時代のラッキー・ブルーの写真も多く含まれているという。

「この本は、自分の生い立ちとかに触れるし、ぼくからのアドバイスとかも書いているけれど、別にお説教めいたものでなく、こうしたらぼくにとっては良かったので君たちも試してみたら?という程度の軽さのものなっているよ」と、ラッキー・ブルーらしい内容になるようだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.10.16(Wed)

【駆け出しプレスの立ち話】Vol.19 クチュリエが魅せるハイストリートスタイル! Giambattista Valli...
Bunta & Seira
Bunta & Seira

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat