GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.08.25(Thu)

ジェニファー・ローレンス、Forbesが選ぶ「最も稼ぐ女優」ランキングで2年連続トップ!

ジェニファー・ローレンス

 女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 26)が、米Forbes誌が選ぶ2016年度「最も稼ぐ女優」ランキングでトップになり、前年に続いて1位となった。

 『ハンガー・ゲーム』シリーズで知られるジェニファーは2015年6月から今年6月までの1年間に税引前で4,600万ドル(約46億2,000万円)の収入を得た。

 ジェニファーはこの1年で、ハリウッドスターの仲間入りを果たすきっかけとなった『ハンガー・ゲーム』シリーズの最終作『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』が公開されたほか、デヴィッド・O・ラッセル(David O. Russell)監督の『Joy(原題)』でアカデミー賞(R)主演女優賞にノミネートされた。さらに『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN: アポカリプス』ではミスティークを演じた。

 最も稼ぐ女優でV2を達成したとはいえ、ジェニファーの収入は前年の5,200万ドルより減少し、同じ期間に6,450万ドルの収入を得て最も稼ぐ男優ランキングの1位になったドウェイン・「ザ・ロック」・ジョンソン(Dwayne 'The Rock' Johnson)をはるかに下回っている。

 一方、女性キャスト版『ゴーストバスターズ』で主演したメリッサ・マッカーシー(Melissa McCarthy)が推定3,300万ドルで2位につけ、2,500万ドルのスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)が3位という結果となった。

 トップ5に含まれたのはエミレーツ航空や水ブランド「スマートウォーター」、スキンケア製品「アヴィーノ」、「リビング・プルーフ」のシャンプーの広告収入を含む2,100万ドルを稼いだ4位のジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)と、1,700万ドルで5位の中国人女優ファン・ビンビン(Fan Bingbing)だった。

 また、トップ10内にはシャーリーズ・セロン(Charlize Theron)、エイミー・アダムス(Amy Adams)、ジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)、ミラ・クニス(Mila Kunis)、そしてインド人女優ディーピカー・パードゥコーン(Deepika Padukone)らもランクインした。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.26(Sun)

【2020年の制汗スプレー】夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
nanat
nanat

2019.12.27(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP5発表!
高山 都
高山 都

2020.12.07(Mon)

「2021最新版」 田中みな実さんの愛用コスメ16選!一挙公開
GLAM Editorial
GLAM Editorial