GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.08.23(Tue)

故プリンスさんの自宅で偽造ドラッグが発見される

プリンス

 ミュージシャンのプリンス(Prince, 57)さんが亡くなった後にミネソタ州近郊にある自宅兼スタジオ「ペイズリーパーク」で発見されていた薬物は偽造ドラッグだったと報じられた。

 プリンスさんは4月、ペイズリーパークのエレベーター内で亡くなった。その死因についてさらなる詳細が明かされている。

 発見された偽造ドラッグには、鎮痛剤として使われ、ヘロインよりも50倍強力な合成オピオイド「フェンタニル」が含まれていた。

 死因の調査が進行中のため匿名を条件にAP通信の取材に応じた地元当局者は21日、多くの錠剤には共に鎮痛剤の一種であるアセトアミノフェンとヒドロコドンの混合物を含むことを示す「ワトソン385」という虚偽のラベルが貼られていたと語った。錠剤はペイズリーパークの更衣室内で見つかったという。また、家宅捜索ではビタミンCの錠剤とアスピリンが入ったスーツケースやカバンも見つかったという。

 6月に公開された検視結果には、プリンスさんの死因がフェンタニルを誤って過剰摂取したことによるものと記載されている。

 医療記録にはプリンスさんが死亡当時、ミネソタ州で規制されている薬物の処方せんを持っていなかったことが示されている。

 当局は現在もプリンスさんがドラッグを入手した経緯を調査中で、亡くなる1週間前の4月15日にジョージア州アトランタでのコンサートを終えて自宅に帰る途中に機内で体調を崩し、イリノイ州モリーンで緊急着陸した際に問題のドラッグを入手したとみている。

 一方、プリンスさんは亡くなった際に遺書をのこしていなかったため、遺産は現在も分与中だ。裁判所はプリンスさんの死から6日後、ブレマー・トラスト社に遺産管理を託した。プリンスさんの知的所有権は1億ドル(約100億円)から3億ドルの価値があるとみられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.13(Sat)

パートナーが見違える!? メンズメイクをおすすめしちゃいましょ♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.26(Sun)

【2020年の制汗スプレー】夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
nanat
nanat

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial