GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.02.08(Wed)

カイリー・ミノーグ、カイリー・ジェンナーと争っていた名前の商標権バトルで勝利!

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner, 19)が「カイリー」という名前の商標登録を申請したことに待ったをかけた豪人気歌手のカイリー・ミノーグ(Kylie Minogue, 48)が、裁判で勝利したと報じられた。

 ジェンナーは2015年、「カイリー」を様々な事業目的のため商標として登録することを狙い、米特許商標庁に申請書を提出した。しかし昨年2月、ミノーグの弁護団はジェンナーの動きに異議を唱え、彼女の商標登録申請は「彼女ら自身とそれぞれのブランドに混乱を招く」と主張した。

 英Mail on Sunday紙によると、特許商標庁は1月26日、ミノーグ側に軍配を上げ、「カイリー」の商標登録を求めたジェンナーの申請を拒否したという。

 ミノーグは教育やエンターテインメント事業で使用するため、すでに名前を商標登録しており、ジェンナーによってブランドに傷がつくのを懸念していた。

 ミノーグの弁護団は昨年に提出した異議書で、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)の異父妹でもあるジェンナーを「二流のリアリティ番組パーソナリティ」とこき下ろし、彼女のSNSでの活動にも懸念を示した。

 「ジェンナー氏はソーシャルメディアで積極的に活動し、その写真による自己露出癖と物議をかもす書き込みの数々で障がい者権利団体やアフリカ系アメリカ人コミュニティーなどから批判を招いている」と弁護団は指摘している。

 ジェンナーは2015年12月、米Interview誌の撮影で車イスに乗ってポーズを取ったことが批判された。また、今回の裁判所の決定に控訴するとみられている。

 ジェンナーとの法廷バトルを制したとはいえ、ミノーグは先日、フィアンセで俳優のジョシュア・サス(Joshua Sasse)との婚約を解消したことを明かした。

 「ジョシュと私が別々の道を歩くことを決めたという報道を愛情を持って理解してくれてありがとう」とミノーグは3日、Instagramに書き込んでいる。「私たちは新たな地平へ旅立ち、お互いに相手の最善だけを祈っているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.06.13(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.90 映画のような世界が広がる♪ 〜HOTEL EMANONで過ごす特別な時...
CHOCO
CHOCO