GLAM Editorial
GLAM Editorial

2016.08.02(Tue)

グウィネス・パルトロー、自身のライフスタイルブランド「Goop」から撤退へ?

グウィネス・パルトロー

 女優のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow, 43)が自ら立ち上げたライフスタイル提案ブランド「Goop」からの撤退を考えているらしい。自分の存在が事業展開の邪魔になっていると考えているようだ。

 『アイアンマン』シリーズなどで知られるグウィネスは2008年にメールマガジンの配信をスタート。食べ物から健康、美容、ファッション、セックスにいたるまでヒントやコツ、アドバイスを公開してきた。Goopはその後、出版社や昨年11月にニューヨークで展開したポップアップストアなど、さまざまな業態も展開した。

 しかしグウィネスは、ハリウッドの外で自分が関係することにまつわる否定的な注目がGoopの潜在的な成長の邪魔になっていると確信していると「CBR Online」が伝えている。

 グウィネスはイリノイ州シカゴであったビジネスコンベンション「セイジ・サミット」で懸念を示した。参加したパネルディスカッションでは、女性にフォーカスしたウェブサイト「HelloGiggles」を昨年Time社に売却した女優のズーイー・デシャネル(Zooey Deschanel)も参加した。

 「自分が望んでいたブランドを築くためには、ブランドに関わっていては拡張性が限定されてしまいます。だから常に、『どうやってブランドを成長させよう? どうやれば自分をブランドから切り離せる?』と考えていました。そしてそうすれば、ブランドが自らの価値を高めることができると思います」とグウィネスは語った。

 さらにグウィネスは、自分が会社と完全に関係がなくなることが望みだとも打ち明けた。

 「ブランドがもっと独自の形になってほしいと思っています」とグウィネスは続けた。「いつか私が関わっていたことが忘れられるのが夢です」

 ここ数年はライフスタイルブランドに集中し、女優活動を減らしているグウィネスは、全く新しい業界に飛び込んでGoopを立派なビジネスとして成立させたのは大変だったが、エキサイティングでもあったと振り返った。

 「学ばなければならなかったこと、知らなかったことの観点から、たくさんの課題がありました。自分が知らなかったことが、たくさんあることさえ分かっていなかったのです」とグウィネスは力を込めた。「経営すること、運営することで毎日直面する課題は、とても充実したものですし、とても怖いけれど、本当にステキな体験です。最高の冒険になっています」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.27(Wed)

ハイセンスでカッコいい!アラサー女性におすすめのSUV(外車)5選
yoko_yamamoto
yoko_yamamoto

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.13(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP10(第6位~第10位)発表!
高山 都
高山 都